86―エイティシックス―

第二章 白骨戦線異状なし その1

『退役まで残り一二九日!! スピアファッキン・ヘッド戦隊グローリー・トゥにクソ・スピアヘッド栄光あれ・スコドーロン!!』


 風雨にいろせたバラックの格納庫のおくかべだれが拾ってきたのかも知らない古い黒板で、五色のチョークのカウントダウンがでかでかとおどっていた。

 クリップボードから目を上げて、シンはそのそこけに陽気な一文を見上げる。正確には残り一一九日。この戦隊に配属された日にクジョーが書いたもので、毎朝クジョーがこうしんしていた。

 十日前に死んだ。

 止まったままのカウントダウンをしばし見上げ、シンはクリップボードの整備記録に目をもどした。待機状態の〈ジャガーノート〉が並ぶ格納庫を、整備済みの自機の元へ向かう。

 焰紅種パイロープの血赤のひとみ夜黒種オニクスしつこくかみ黒系種アクィラそうほうの貴種の血を半分ずついだそのしきさいは、エイティシックスとそうしようされる有色種コロラータの一人と一目でわかるとくちようだ。

 たんせいな顔立ちは年に見合わぬせいひつな表情のためにどこか冷たく、細身のたいはくせきようぼうは旧ていこくの貴族階級特有のそれ。森林と草原、湿しつたいから成る東部戦線の地勢にもかかわらず砂色と灰茶のばくめいさいの野戦服を着て、これは共和国軍の死蔵在庫デッドストックが回されているためだ。とがめる上官もいないからくつろげたえりもとに、首をおおう空色のスカーフがのぞいていた。

 整備作業中の格納庫は、機械の作動音と整備クルーのやり取りのごえでやかましい。格納庫前の広場で二対二の変則バスケットボールに興じる仲間達のかんせいと、かでかき鳴らされるギターの古いアニメソング。キャノピを開け放した自機のコクピットでポルノ誌をながめていた隊員のキノが、こちらに気付いて片手を挙げる。

 最前線とはいえせんとうの無い日は、この基地の要員は割とひまだ。

 今もハンドラーへの報告上は競合区域コンテスト・エリア付近のしようかいを行っている時間で、本来なら毎日欠かせないしようかいを、この隊は必要がないから行っていない。出歩きたい気分だった数名が近くの都市のはいきよに物資調達に行き、他の者も当番の仕事(すいとかせんたくとかそうとか裏の畑とにわとりの世話とか)をしたり好きに過ごしたりしている。

 あらあらしい軍靴ブーツの足音が近づいて、せんしやほうも真っ青の鹿でかいどうごえが格納庫にとどろわたった。

「シン! シンエイ・ノウゼン! またやりやがったなてめぇこのろう!」

 キノがゴキブリじみた速度でコクピットからものかげ退たいし、シンは平然と声の主を待った。

「なにか」

「なにかじゃねえよアンダーテイカー! ったくおめぇは──!」

 ごくの番犬のようなぎようそうってきたのは、しらじりの消炭色のかみにサングラス、機械油のみついた作業着を着た五十がらみの整備クルーだった。

 スピアヘッド戦隊整備班、レフ・アルドレヒト班長。今年十六になるシンもプロセッサーの中では年長の部類だが、アルドレヒトは年長どころか長老クラス、なんと九年前の第一期ちようへいの生き残りだ。

「なんっでてめぇはしゆつげきの度に機体ぶっこわしてくるんだよ!? またアクチュエーターとダンパーがたがたにしやがって、足回り弱えんだから無茶すんなって毎度毎度言ってんだろうが!」

「すみません」

「お前それさえ言っときゃ済むと思ってんな!? あやまれっつってんじゃねえよ改善しろっつってんだよ。いつか死ぬぞあんな無茶な戦い方しやがって! 代えの部品が底ついたってのに、次のじゆうまで修理できねぇぞ!」

「二号機が」

「ああ有るなぁどっかの戦隊長が毎っ回毎っ回機体ぶっこわすせいで置いてある予備が二機もな! 他のプロセッサーの三倍も整備の手間かけさせやがって、てめぇ何様だ王子様か!?」

「共和国の身分制度は三百年前の革命ではいされて」

「ぶっとばすぞクソガキ。……お前の損傷率とこわかたじゃ三機ねぇと修理がおっつかねえんだ、じゆうまでの日数としゆつげきペース考えたら保たねぇんだよ! どうすんだよこわれないようにっておいのりでもするか? 次は百年後に来てくださいってくずてつどもにお願いしてみるのか、ああ!?」

「クジョーの機体を、ファイドが回収していたはずですが」

 たんたんと言うと、アルドレヒトはいっときちんもくした。

「まあ、確かにクジョーのやつの機体からその部品はとれるけどよ……ともい整備なんざやりたかねえが。つか、おめえはいいのかよ? 死人出した機体の部品なんざてめぇの機に使われて」

 シンはわずかに首をかしげると、自分の〈ジャガーノート〉──〈アンダーテイカー〉のそうこうを手のこうで軽くたたいた。キャノピの下に小さくえがかれた、シャベルをかついだ首のないがいこつのパーソナルマーク。

 アルドレヒトが苦笑する。

いまさらか。……そうだったな、アンダーテイカー」

 みしめるようにうなずいて、老整備兵は開け放したシャッターの向こう、どこまでも続く春の野を見やった。

 雲一つない、他の何ものをもみこむきよしきさいたたえた、あまりにも深く高いこんぺきそうきゆう。その下に広がる、ぐるまぎくの花のと若葉のすいりよくが精美なモザイクをえがく草原が、この戦場で散ったいくひやくまんのエイティシックスの白骨がねむる巨大な墓標だ。

 エイティシックスに、入る墓はない。存在しない戦死者の墓を作ることは許されていないし、遺体の回収も禁じられている。

 人型のぶたには死んだ後に安らう権利も、死んだ仲間をいたむ自由も存在しない。それが九年前に彼らの祖国が作り上げ、かくあるべきと九年されている世界の形だ。

「クジョーのやつは、ばらばらに吹っ飛んだんだったか」

「ええ」

 自走らい──ばくやくまったどうたいに棒状の手足と顔のない頭部のついた、遠目には人に見えなくもない出来の悪い対人兵器を負傷兵と見誤って組みつかれた。夜戦の、他部隊のきゆうえん任務中だった。

けたのか、あいつは」

「おそらくは」

 シン自身は天国もごくも信じてはいないけれど、ここではないか、かえるべきところには。

 アルドレヒトは深く笑う。

さいにおめぇと同じ部隊にいて、クジョーは運が良かったな。……こいつらも、」

 破れたゴールネットをボールがらして、かんせいが上がる。ギターとアニメソングのきんしんうたの大合唱が裏の畑で楽しげにひびいている。

 それが他のどの部隊にもありえない光景であることを、アルドレヒトは知っている。

 しゆつげきにつぐしゆつげき。〈レギオン〉のしゆうげきけいかいする日ごとのしようかいきんちようきように神経をすり減らし、せんとうの度仲間は死んでいく。その日生きのびるのがせいいつぱいという極限じようきようで、らくや人間らしい生き方など考えているゆうはない。

 けれどこの隊では、しゆうげきそのものはけられなくとも、きゆうしゆうを受ける心配だけはない。

「……こいつらがこうやってられんのはおめぇの功績だな、シン」

「他のプロセッサーの三倍も整備の手間をかけさせてるのもおれですが」

 ぐっとアルドレヒトはのどを鳴らした。サングラスのおくから苦々しげに見下ろしてくるそうぼうを、見返してシンはかたをすくめる。

「ったくおめぇは……たまにじようだん言ったと思ったらそれかよ」

「これでも申し訳ないと思ってはいるんです。行動で示せてはいませんが」

鹿ろう。お前らガキどもを生きて帰らせんのが整備班の仕事だ。そのために必要だってんなら機体なんざどうなろうが構やしねぇし、どんな手間だってかけてやるよ」

 一息に言いきってからそっぽを向いた。照れたらしい。

「……そういや、また担当のハンドラーが交代したそうじゃねえか。どんな調子だ、今度のは」

 間が空いた。

「……ああ、」

「ああ……、ってお前よぉ……」

「そういえばそうでした」

 あまりにもしばしば交代するせいで個別にんしきしていなかった。それに元々、プロセッサーはハンドラーの存在を意識しないものだ。

 それだけハンドラーが職務ほうしているというのもあるし、一定数以上の阻電攪乱型アインタークスフリーゲの展開下ではレーダーもデータ伝送も機能しないから、遠い国軍本部からの指揮など実のところほとんどできるものではない。だからプロセッサーはハンドラーなどあてにしないし、いてもいなくても気にしない。

 結局、ハンドラーの職務とはプロセッサーのかん、ただそれだけにきるのだ。どんな時でもどこにいても、望む時に言動の一切をかんできる知覚同調パラレイドという首輪をもつてエイティシックスのはんこうしんせいちゆうする、よくりよくの役割が彼らに期待される全てだ。

 この一週間の多くはないやり取りを思い出して、シンは口を開く。とりあえず。

「書類仕事が増えました。これからはしようかい報告書を都度ねつぞうする必要があるようです」

「……読まれてねえからって、五年前にでっちあげた適当ぶっこいた報告書を毎回そのまま使い回すいいこんじようしたろうはおめぇくらいのもんだからな、シン」

 ちなみに日付も地名も何一つ変えていないし、その頃からしようかいなどしてないから内容もでたらめだ。そんなものがこれまで一度もばれずにきたのだから、シンの方がむしろあきれてしまう。

『誤って古いファイルを伝送していませんか』──と、おだやかにてきしてきたぎんれいの声を思い出して、シンは小さくたんそくした。意外と不注意なところもあるんですね、とくつたくなく笑った、じゆんすいな善意と親しみに満ちたこわも。

「着任当日にあいさつのために同調してきて、以降も交流を持ちたいからと毎日定時にれんらくをしてきます。共和国軍人にはめずらしいタイプですね」

「まっとうな人間、てやつか。……そいつぁ、さぞ生きづらいだろうな。気の毒に」

 まったく同感だったからシンもあえて返答はしなかった。

 正義も理想も、りかざしたところでこの世界では何の力も持たないのだから──。

「……ん、」

 ふと、シンは何かに呼ばれたように春の草原のはるか向こうに目を向けた。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 86-エイティシックス-

    86-エイティシックス-

    安里 アサト/しらび/I-IV

  • 86-エイティシックス- Ep.2

    86-エイティシックス- Ep.2

    安里 アサト/しらび/I-IV

  • 86-エイティシックス- Ep.9

    86-エイティシックス- Ep.9

    安里 アサト/しらび/I-IV

Close