86―エイティシックス―

 ぶたに人権を与えぬことを、非道とそしられた国家はない。



 ゆえに、

 言葉のちがだれかを、色のちがだれかを、祖先のちがだれかを人の形のぶたと定義したならば、

 その者達へのよくあつはくがいぎやくさつも、じんりんそこなう非道ではない。


──ヴラディレーナ・ミリーゼ 『かいろく




序章 戦野にあかひなの咲く



《システムスタート》

《RMI M1A4〈ジャガーノート〉 OS Ver8.15》



 がっ、とみみざわりな雑音が、だいおくれの無線通信に混じる。

『──ハンドラー・ワンよりアンダーテイカー。敵げいげき部隊をレーダーにそく。大隊規模の対戦車ほうへい、並びに同規模のきんせつりよう兵部隊だ』

「アンダーテイカー了解。こちらでも感知しています」

『現時刻をもつて指揮権を現場指揮官にじようする。捨身護国をもつて報恩となし、命に代えても共和国の敵をげきめつせよ』

「了解」

『……すまない、君達。本当にすまない』

「交信終了」



《コクピットへい

《パワーパック始動。アクチュエータ活性。関節機構ロック解除》

《スタビライザー正常。FCS適合。ヴェトロニクスオフライン。さくてきモードパッシヴ》



「アンダーテイカーより戦隊各位。ハンドラー・ワンは指揮権をじよう。これよりアンダーテイカーが指揮をる」

『アルファ・リーダー了解。いつものとおりだな、〝死神〟。こしけタマなし飼い主殿は、最後に何だって?』

「すまない、と」

 知覚同調パラレイドの向こうで吹き出す声。

『はっ。相っ変わらずどうしようもねえな白ブタはよ。追い出して閉じこもって耳ふさいで、なぁにがすまねぇだよくっだらねぇ。……小隊各位。聞いてのとおりだ。ま、どうせ死ぬなら、我らが死神のお導きなら悪かねぇよな』

「会敵まで六十秒。……ほうげきが来るぞ。最大戦速で敵ほうげきいきとつする」

『さぁ、いくぞお前らぁ!』



《コンバット・マニューバ・オープン》


《敵機検知:ボギー1に設定》《B2に設定》《B3》《B4》《B5》《B6》《B7》《B8》《B9》《B10》《B11》《B12》《B13》《B14》《B15》《B16》《B17》《B18》《B19》《B20》《B21》《B22》《B23》《B24》──────……


《エンゲージ:B210》



『デルタ・リーダーよりデルタ小隊! 回りこませるな、ここでげきめつしろ!』

『チャーリー・スリー! 十時方向に敵機だ! かいを─────くそっ!』

『エコー・ワンより小隊各位。エコー・リーダーは戦死。これよりエコー・ワンが指揮をる』

『ブラボー・ツーより各位。……悪い、みんな。これまでみたいだ』

『アルファ・リーダーよりアルファ・スリー! あと一分持ちこたえろ! 今きゆうえんに行く! アルファ・ワンは指揮をげ!』

『──了解。幸運を、アルファ・リーダー』

たのむぜ。……なぁ、シン。アンダーテイカー』

「なに」

『約束は、忘れてねぇよな』

「……ああ」



《C1 シグナルロスト》

《友軍ユニット:0》



 雑音混じりの上官の声が、外して放り出したヘッドセットからこぼれてえんりよに夕暮れのりようふうに混じっている。

『……より……位……ハンドラー・ワンより戦隊各位。聞こえるか。応答せよ第一戦隊……』

 昆虫のさなぎのような有機的なフォルムの機体どうに背を預けたまま、キャノピを開け放したコクピット内に手をばして無線機の送信ボタンをした。

「アンダーテイカーよりハンドラー・ワン。敵げいげき部隊をげきめつ、敵部隊の後退を確認しました。作戦終了。帰投します」

『……アンダーテイカー。その、貴官の他には何人が、』

「交信終了」

 聞くまでもなければ聞けた義理でもない鹿げた問いのちゆうで無線を切り、彼はコクピットの外に目をもどす。

 どこまでもあかひなの咲くゆうえの野のそこここに、くすぶる火と機械けの内腑はらわたのぞかせてうずくまるはがねけものと四つ足のざんがいが、ひっそりと長いかげを落としている。敵と、友軍と、その全てのれの果て。

 生きているものなど、どこにもいない。どこまでも、はるか遠くまで、あるのは死体と、死んでいるくせに残ったままのぼうれいばかり。

 ひどく、静かだった。草原の彼方かなた、黒いかげのような山脈の向こうへしずの、あかく水平な光線。

 あかく照らされ、あるいは黒くかげに染まり、その全てが息絶えたかのような世界の中で、彼とその乗機だけが、動く力を残すゆいいつのものだ。

 節足を模した長いきやく。白茶けたそうこうは無数の傷によごれ、はさみに似た高周波ブレードと背部しゆほう。全体的なシルエットははいかいせい、四つ足の背に長いほうしんを負う様はさそりのようであり、また人間で言う頭部のないその形状はどこか、無くした己の首を探して戦場をいずりまわる白骨死体のようでもあった。

 一つ、息をつき、はくの風に冷え始めたそうこうもたれて、身すくむようなかつかくに焼ける空をあおいだ。


 はるか東国ではおうちようの、自害の血から生まれた花。

 あるいはかつてばんしんりやくに為す術もなくおうさつされた、達の血河に咲いた花。


 戦場にわたす限りにほこひなの花のしんは、天をくす夕映えの下、きようのように美しかった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 86-エイティシックス-

    86-エイティシックス-

    安里 アサト/しらび/I-IV

  • 86-エイティシックス- Ep.2

    86-エイティシックス- Ep.2

    安里 アサト/しらび/I-IV

  • 86-エイティシックス- Ep.9

    86-エイティシックス- Ep.9

    安里 アサト/しらび/I-IV

Close