プロローグ


 冬の日。

 夜のやみに静まり返った王都の、こうしやく家のていたく

 あかりの消えた部屋で、たよれるのは星の光だけだった。しかし、目の前にある黒い闇属性のかたまりだけは、なぜかハッキリと見ることができた。

 これをつかめば、おれは人類の敵になる。

 闇の力はあくの力だ。使えば、俺も悪魔の仲間、魔人となる。

 ──だが、強くなれる。

 学園で俺にはじをかかせた勇者にも、お高くとまった王女にも、っかかった口をきくこうしやくれいじようにも……だれにも負けない。

 俺を力不足と言った父も、内心では俺に不満ばかりいだいていた側近たちも、みんな……。

 ──こうかいしても、もうおそい。

 闇の塊に手をばした。

 俺の心臓に向かってエネルギーが流れこんでくる。

 身体からだが魔力で満ちる。いつしゆんで、今までの何十倍も強くなった。

「ふははは……」

 笑いが止まらない。そうだ。みなに俺の力を見せてやろう。

すべこおれ、フリーズ!」

 身体から大量の魔力が出て行く。しかし、すぐに流れこむ闇の力がそれを補った。

 公爵邸は氷でおおいつくされていた。中の者たちは、皆、一瞬で凍りつき命をうばわれた。側近たちが俺に不満げな目を向けることも、もうない。

 しきを出て、俺はゆっくりと歩き出した。

 かんそうしていた王都の空に、俺の魔力で雪を降らす。

 激しい吹雪ふぶき。王都の貧しい者たちは、これだけで死んでいくことだろう。

 人間の魔力の強さは、血統にぞんする。

 王都の貴族街には、うでに覚えのある貴族の魔導士がたくさんいた。

 それを、一人、一人、殺す。

 降り積もった新雪を赤く染めながら、俺は王城へ向かって歩いた。そうすれば、殺したいやつらは向こうから現れてくれる。

 がらひとかげが、俺に飛びかってきた。

 期待通りの敵の登場。生意気な王女だ。

 歴代の王族の中でも特にひいで、初代王に並ぶとも言われた、すぐれたせんとう能力を持つ王女。

 さいけんばやい突きは、点というより面になって俺におそい掛かってきた。だが、その技量も、今となっては無意味だった。

「アイスバレット」

 俺が全方位からち出した無数の氷のだんがんつらぬかれて、王女はたおれた。

 また、雪が血で染まる。

がんじような王女の再生能力だと、この程度では死なないな」

 首をねてしまおう。

 そう思い、倒れる王女に向けて足をみ出したせつ、俺は誰かに突き飛ばされた。

「……来たか。平民勇者」

 王都の、特に貧しい者が暮らす地区の、いんで育った勇者。れいわきまえない、無知な男。

 ただ、その手に持つ剣の光を見たとき、俺は無意識にあと退ずさっていた。

「その光はきらいだ!」

 とっさに、俺は全魔力を勇者にぶつけた。闇の魔力がうずき、周囲の建物がかいされていく。

 だが、その中を勇者は俺に向かって前進していた。

 勇者の剣は、俺の張った何重ものしようへきを貫き、俺の心臓を突きした。

「ぐっ……う……」

 雪の上にしたたり落ちた俺の血は、真っ黒だった。

 心臓を貫かれた俺の身体は、傷口から黒いきりとなって消えはじめる。

 悪魔にとらわれた肉体は、死体を残さず消え去るのだ。

 ──まあ、いいさ。俺一つの命で、たくさん殺した。

 悪魔の力に手を伸ばした時点で、俺の中で、自分の命も軽いものになっていた。

 一回死ぬだけで大暴れできるなら、安いものじゃないか。


 その考えがどれだけあまかったかを、直後に俺は知ることとなる。


 俺のおろかさのだいしようは、単に死んで終わりではなかった。

 魔人となった俺の肉体は、勇者にり殺され、黒い霧となって消えた。だが、闇に囚われた俺のたましいは、悪魔に奪われていた。俺の魂はり切れてしようめつするまで、悪魔のかてにされ続けた。

 なまじ魔力のある高位貴族だった俺の魂は頑丈だった。俺の死後、悪魔によって王国がめつぼうし、人々が絶望していく様子をながめながら、俺は十数年にわたってエネルギーをしぼり取られた。

 魂が最後のひとかけらになって消えていくとき感じたのは、「これでやっと解放される」というあんだけだった。


《条件を満たしました。プログラムのインストールを開始します。……インストールに成功しました》

《おめでとうございます あなたは〈求道者〉になりました。メニューを表示しますか?

   はい/いいえ》

ドラゴンノベルス5周年記念フェア

関連書籍

  • やりなおし貴族の聖人化レベルアップ

    やりなおし貴族の聖人化レベルアップ

    八華/すざく

    BookWalkerで購入する
  • やりなおし貴族の聖人化レベルアップ 2

    やりなおし貴族の聖人化レベルアップ 2

    八華/すざく

    BookWalkerで購入する
Close