プロローグ


01. 前世の目覚め


 それはとつぜん起こった。

 いつしゆん、頭痛が起こり──頭の中にぼうだいな知識が流れこんできたのだ。

 手がふるえ、冷やあせが出る。だがそれらはすぐに収まった。

 知識はすぐにみ、おれは理解した。これは前世のおくだ。

 うーむ……どうやら俺は転生者だったようだ。

 そして今はわかる。この世界は──俺がやっていたVRのMMORPGによく似ている世界だ。


 しかし思い出せるのはだんぺん的な記憶とほうの知識だけ。

 前世でどういう人生を送っていたかは、おぼろげにしか思い出せない。前世の知識も虫食い状態のような……。魔法についてはよく思い出せるんだが。

 確かゲーム内でのんびりと魔法をきわめていたはずだ。

 前世のゲームの中で俺は魔法関連をとことん研究して、だいけんじやと呼ばれていた。

 俺の頭の中には、その前世でつちかった魔法の知識がある。

 そこまでは思い出せるんだが、それ以外の記憶はあいまいだった。

 前世での名前すら思い出せない。

 まぁ、いずれ思い出してくるだろう。一度に思い出しても頭がばくはつしそうだしな。


 今の俺は、貴族の実家から追い出された身。

「お前をこれ以上、家には置いておけない。出ていけ」

 父親が心底冷めた目で俺を見下ろしながら、そう告げた。

 一ヶ月前の話だが、思い出すだけでもふつふつといかりがよみがえる。

 できそこない。期待外れ。ちがって貴族に生まれた男。

 そんな言葉をどれだけ家族から言われたことか。

 ……絶対に見返してやるからな。

 俺には魔法の知識だけしかないが……これだけで十分だ。

 ここから逆転してやろうじゃないか。

「だが……まずは家をなんとかしなくちゃな」

 記憶が整理できたので改めてじようきようかくにんだ。今の俺の家にあるのは……ぼろぼろのかべこわれかけの机と。ちなみに色々なしよあまりもしている。

 自室から出た俺は、自身の状況を再認識した。

 今の俺──エルト・ナーガシュはこうしやく家の四男で、十五さい

 だが今は実家を追い出されている。

 貴族では生まれ持った魔法の適性が極めて重視される。適性がない魔法はろくに使えず、どれだけ魔力があってもになる。

 初級、中級、上級という区分のうち、適性がない魔法は初級までしか使えないのだ。

 そのため、まずはどんな魔法適性があるのかが重要だ。

 そしてせんとう用魔法の適性があればゆうぐうされ、そうでなければれいぐうされる。

 魔物が存在するこの世界では、戦闘用魔法は重要な戦力だからだ。


 俺の生まれ持った魔法適性は【植物】。

 とても希少な適性だが戦闘には向かず、しかもあつかいが難しく使えない適性とされている。

 生活用の魔法が少し使える程度、そういう認識だ。

 実は使いこなせばばんのうの魔法適性なんだけどな。

 どうやらこの世界の貴族にそういう知識はないようだ。

 事実、記憶がもどる前の俺はろくに植物魔法を使いこなせていなかった。


 ともあれ、俺は家族に生まれた時から無視されて育った。

 植物の魔法適性はゴミ。ナーガシュ家の落ちこぼれと見なされたのだ。

 そしてついに十五歳になったとき、ある領地の管理人になれと追い出された。

 その領地は数百年放置されていて、住人はだれもいない。

 完全なやつかいばらいだ。

「まともな領地にするまでそこからはなれるな」

「魔物におそわれたら、げずに戦って死ね」

 本当に家族だったのかと思うほど冷たい言葉でほうり出された。

 野垂れ死にしても構わない、ということだ。

 しかし、ある意味では好都合。

 人はいないし、管理するものもなくて自由時間だけは多いから、誰にもじやされずに魔法の練習や力をたくわえることができる。

 と、そこまで考えているとびゅーっと風が家にきこんできた。

 寒い。ぼろすぎる……とりあえず魔法で家を直すか。

 このぼろい家と領地は家族からの手切れ金のようなもの。

 自由にしていいらしいので、えんりよなく改造させてもらう。

 俺は家の前に立つと、うでに力をめながら魔法の知識を引っ張り出す。


【使用可能魔法】

 魔力の実

 野菜生成

 果物生成

 大樹の家


 今、ぴったりの魔法は──あった、最後のこれだ。

 前世のゲームと同じやり方でだいじようだろうか……とりあえずやるしかない。

 意識を腕に集中させて俺は唱えた。

「大樹の家」

 腕から放たれた緑色の魔力がゆかに吸い込まれ──すぐに効果が発動した。

 めきめきと地面から大樹が現れて、ぼろい家を補強するようにおおくしていく。

 成功だ。感覚的にも前世とほとんど同じだな。

 大樹の家は植物魔法のひとつ。

 家具付きの便利な家を作る魔法だが、植物魔法は慣れるのに時間がかかるとされ、今の世の中では全く評価されない。つうに家を建てたほうが早いからな。

 前世の知識がある俺だからこそ、使いこなせるレベルだ。

 ……しかし魔法一回でかなりのろう感がある。うまく魔法を発動させたはずだが、魔力はまだまだ足りないな。

 もっとも、植物の魔法を使えば魔力ポーションも作り放題だ。

 この疲労感もすぐに回復できる。


 よし、当面の目標はかつての力を取り戻すことだ。

 魔力は回復させながら使いまくることで、効率よく成長できる。

 少し時間はかかるだろうが問題ない。

 俺の長年の知識──最高効率の成長方法論を使えば、あっという間に強くなれるだろう。

 家の中は見違えるほど良くなっていた。

 大樹が床板、あるいは壁となって家を新調してくれたのだ。

 もう風は吹きこまないし、雨漏りもすべて直っている。

 ベッドもふかふかの綿毛でとても良いさわごこだ。

「まずまずだな。最初はこれでいいか……」

 とりあえずこの気だるさをなんとかしたいな。

 そう思うと頭の中にぴったりの魔法が思いかんだ。

 よし、今度はこれを使うか。

 植物の魔法だけにある、魔力を回復させる反則めいた魔法だ。

 ベッドにすわるとまた腕に力を込め──俺は唱えた。

「魔力の実」

 床からにょきにょきと小さななえが生まれる。

 苗はすぐに生長し小さな木になって、サクランボのような赤い実をつけた。

 赤い実を取ると、小さな木は消えてなくなった。

「よし──これも成功だ」

 さらにつかれた気がするが、うまく発動した。

 そんな時にこそ、この実は役に立つ。

 この赤い実は魔力ポーションの原料になる実だ。

 設備がないのでポーションは作れないが、実は食べるだけでも魔力回復の効果がある。

 俺は一口で赤い実をみ込んだ。

 あまい──なんだか久しぶりに甘くておいしいものを食べた気がする。


 思えばここに来てから一ヶ月、ろくなものを食べていないな……。

 木の実を拾い、根っこをかじって生きてきた。

 思えばよく生き残れたな……。

 赤い実を吞み込むと同時に疲労感がうすれ、魔力がちょっと回復したのを実感する。

 これが赤い実の魔法。使いこなせばいくらでも魔力を回復できるのだ。

 適度に魔力を使い、赤い実の魔法で回復する。

 それだけでちょっとずつだが成長できる。まさに無限じゆんかんだ。

 地道な道のりだが、かつての俺もこうやって最強になっていった。

 ……とりあえず少しずつだ。

 こんなきようぐうで死ぬまで一人だなんて、なつとくできない。でも今の俺は実家から追放された貴族の四男だ。

 俺自身にも領地にも今はまだ何もない。

 だけど俺には植物の魔法がある。

 幸い、植物魔法の万能さはよく知っている。それに人が長年いなかったせいか、栄養のある土や水には困らない。

 植物魔法をかすにはうってつけの領地だ。

 あせりはない──これからを考えるとワクワクした気持ちがあふれてくる。

 ……絶対に実家を見返してやる。そのために、ここをもっと人の集まる豊かな領地にしよう。俺は改めて心にちかったのだった。

ドラゴンノベルス5周年記念フェア

関連書籍

  • 植物魔法チートでのんびり領主生活始めます 前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件

    植物魔法チートでのんびり領主生活始めます 前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件

    りょうとかえ/いわさきたかし

    BookWalkerで購入する
  • 植物魔法チートでのんびり領主生活始めます 前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件 2

    植物魔法チートでのんびり領主生活始めます 前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件 2

    りょうとかえ/いわさきたかし

    BookWalkerで購入する
  • 植物魔法チートでのんびり領主生活始めます 前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件 4

    植物魔法チートでのんびり領主生活始めます 前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件 4

    りょうとかえ/いわさきたかし

    BookWalkerで購入する
Close