第2話 絶対に炎上します

 ──目の前に、図書室のとびらがあった。

 もう、数え切れないほどの回数開けてきた、そしてじようしてきた見慣れたとびら

 クリーム色の、木製の、ありふれた引き戸。

 ところどころそうがひび割れ、すきにかすかに木目がのぞいている。

「……うおーきんちようする」

 そんなとびらの前で、俺は一人激しくためらっていた。

 この向こうには──がいる。

 水曜の放課後。今週も、俺と彼女の図書委員の日がやってきたのだ。

 つまり……あんな放送をいてしまってから、初めて顔を合わせる日が……!

 あたりにチャイムの音がひびく。図書室を開ける時間だ。

 まだまだきんちようは解けていない。心臓はBPM150くらいで鳴り続けている。

「……でも、もう引き返せねえ……」

 かくを決めると──俺は深く深呼吸した。

「……よし!」

 とびらに手をかけ、勢いよく開ける。

 そして、そのままのスピード感でカウンターへ近づき、

「──おつかれ! !」

「……ああ、おつかさまです、せんぱい

 パソコンを立ち上げていたが、フラットな顔でこちらを見上げた。

 その表情に──もう一度心臓がぎくりとねて、

「……いやー! 今日も暑いな!」

「え、すずしいですけど。ていうか、声裏返ってますよ、どうしたんですか?」

「そ、そうか!? もしかしたら気味だからかも、あははははは……」

 ……やべえ。全然、つうにしゃべれねえ!

 の言う通り今日全然すずしいわ! なんで暑いとか言っちゃったんだ!

 しかも気味ってのもうそだし! 完全に健康体だよ!

 初っぱなからめちゃくちゃじゃねえか!

「はあ……。なら、無理しなくてもいいですよ。つらいなら、早めに帰っていただいて」

「いやいや、そこまでじゃないからだいじよう!」

「そうですか?」

「うん。だから、つうに仕事はしてくよ!」

「……わかりました」

 こくりとうなずく。よかった、なつとくはしてもらえたらしい。

 かばんをカウンターにしまいながら、俺は気合いを入れ直す。

 よし……がんばるぞ!

 ぐずぐずになったけど。一発目から派手につまずいたけど、今さらすわけにもいかないんだ。

 あんな放送をいちゃった上……にも大口をたたいちゃったんだから!


       *


「おはよう……」

「おはようお兄……って、どうしたの!?」

 ──放送をいた、翌朝。

 いつものように自室を出て、いつものようにリビングに着くと。

 先にテーブルでごはんを食べていたが、こちらを見て目を丸くした。

「めちゃくちゃ……ねむそうだけど」

 の言う通り──そくだった。

 例の配信でどうようしたせいで、ほとんどいつすいもできていなかった。

 ねむろうとしてとんに入り目をつぶっても、頭の中でサキのセリフがエンドレスリピート。ねむが来るどころか、むしろみようにドキドキして目がえる一方だった。

「いやあ……ちょっとびっくりすることがあって。昨日、ほとんどねむれなかった。ふぁああ……」

 あくびをしながら、俺もとなりの席に座る。

 今日の朝ご飯は……和食らしい。

 ご飯に焼き魚、ほうれん草にやつこ、ネギのしる……。

 そくつかの胃には、こういうご飯が一番ありがたい……。

「……ああそうだ、夜のうちにギターっといた。メールしたから、いておいて」

「それはわかったけど……なにがあったの?」

 手にちやわんを持ったまま、がこちらをのぞんでくる。

「びっくりすることって、どういう?」

 ちょっと迷ってから……俺はに打ちあけてみるかと考える。

 内容的にていこうあるけど……こいつになら、相談できるんじゃないか。

 しかも、的確なアドバイスをもらえそうな気もする。

 身内ながら、俺は内心かしこさにしんらいを置いているのだ。

「……それがさ。なんか、知り合いがやってるっぽいネットラジオ見つけちゃって。しかもその中で、俺のことっぽい話してて……」

「話ってどんな? まさか、悪口?」

「いや、悪口とかじゃなくて……やや好意的な感じの……」

「へえ。ならよかったじゃん。わたしがラジオで悪口言われてたら、マジギレしちゃうもん。再起不能になるまで追い込んじゃう」

こわ……。再起不能て……」

「学校はとうめいな戦場なんだよ。生き残ろうと思ったら、報復が必要になることもあるのです」

「どういう世界観で生きてるんだよ、お前は……」

 しかも、そう言うがおは『前線で戦う兵士』ってより『部隊を動かす指揮官』だったぞ……。

 マジでこええよ……。学校でどういうポジションなんだ、……。

「……とにかく、それでなやんでて。これからそいつとどう接すればいいんだろうって考えたら、ねむれなくて。ああ~、どうすっかなあ~……。放送いたよ、っていうのも気まずくなりそうだし。かくしたままっていうのも罪悪感あるし……」

 そう、身のかたが難しいのだ。

 ぐうぜんとは言え配信をいてしまった。知らぬ存ぜぬでいるよりも、できればはっきり相手に伝えてしまいたい。俺の性格的にも。

 けれど……今回、内容が内容なわけで。

 どうも、俺のことを……好きっぽい……話をしていたわけで。

 さすがに本人に「おうおうおう、いたぜ~!」みたいな感じでいくわけにはいかない。

 じゃあ俺は、これからにどうやって接すれば……。

「んー。ちなみにそれって」

 と、なやむ俺にが言う。

「100%相手がその人って、確定した感じなの? フルネームで本名名乗ってるとか、その人しか知らない情報話してるとか」

「ああ……そういうわけじゃないんだけどな」

 確かに、絶対のしようがあるわけじゃない。

 個人的には確定だと思っているし、あそこまでしようそろって他人だってことはほぼないとも思っている。それでも、100%かといえば、そこまでは言い切れない。

「だったらまずそこじゃない? それっぽい話題で反応を見たりして、確証がつかめるかどうか」

 言いながら、ご飯を食べ終えたはしを置く。

「ごちそうさま」

「なるほどなあ。まずはそこからか……」

「うん。で、やるならしんちようにね」

 席を立ち台所に食器を運びながら、はこちらににやりと笑った。

「お兄、そういうのめちゃくちゃ下手そうだし」

「そ、そんなわけねえだろ! むしろ得意だよ、きは……」

「でもさ、相手って、昨日言ってた例の冷たいこうはいでしょ?」

「うぇ!?」

「しかも、彼女に好意的に見られてて、どうようしてるんでしょ? そんなじようきようで、うまく立ち回れるかなー」

「な、なんでわかるんだよ!? のことって……。俺、一言も言ってないよな!?」

 思い返してみるけれど……うん、やっぱり言ってねえぞ!

 こうはいだとか、話題のあいつだとかそういうことは。なんなら、女子だってことさえ言ってないはず。なのに、なんでは……。

 混乱する俺に、

「……ほらー、ひっかかった」

 心底楽しそうには笑う。

「今のがさぐり。ただのかんだよ、こうはいでしょって言ったのは」

「マジか……!」

「こんなのにひっかかるお兄が、難しい『ちゃん』をゆうどうできるのか……先が思いやられるね」

 食器を片付け終え、がリビングを出て行く。

「まあがんばってー」

「が、がんばります……」

 うなずきながらも、俺は自分のマヌケさに。身をもって知らされたきの下手くそさに、激しく不安を覚え始めていたのだった──。


 ──そして後に。

 その不安は、残念ながら見事的中することになる。


       *


「──で、今日は、仕事のりどうする!?」

 図書室内、カウンターにて。

 荷物を置いて一息置いたところで、俺はにそう切り出した。

「どっちが貸し出しやる!?」

「声大っき……」

 まゆを寄せている

 やべ、声量調整ミスってたらしい。ボリュームひかえめでしゃべるようにしよう……。

「……えっと今日は、たにざき先生から、二人でブックカバーをかけてほしいと言われています。準備室ににゆうした本が結構来ているので、それを全部」

「ああ、そうなんだ……」

 ──ブックカバー。

 これはつまり、図書室にかけられていがちな、ビニール製のカバーのことだ。

 本屋の紙のカバーじゃなく。もうしよせき自体にけちゃうやつ。

 これまでも何度もやってきた、図書委員お決まりの仕事の一つだ。

「でも、その間カウンターは?」

たにざき先生がやってくれるそうです。もうすぐ来るらしいので、わたしたちは作業始めちゃいましょう」

 ……ふん、そうなると、作業中がチャンスになりそうだな。

 先週の配信。あれがのものだったのかさぐるチャンス……。

「おう!」

 勢いよくうなずくと、相変わらずちょっとめいわくそうな顔をするとともに、カウンター奥の準備室に向かった。



 ──本のサイズに合わせて、ビニールカバーを切る。

 切ったカバーの真ん中に折り目をつけ、はくみぎはしを少しがす。

 その上にしよせきを置き、はくがした部分をしっかりけ。

 そこを基点に、少しずつ表紙全面にビニールをけていく。

 そんな作業をかえしながら──俺は、思いのほかテンパり始めていた。

 ……気まずい!

 と準備室で二人、無言で作業をするのがあまりにも気まずい!

 これまでだって、何度もこういうシチュエーションはあったんだ。それでも、あんな配信をいてしまった分、今日はめちゃくちゃドキドキする。

 ……いや、そんなこと言ってる場合じゃない!

 俺は、サキがだというしようつかまなきゃいけないんだ!

 なんでもいい、話しかけよう……!

 とにかく、会話の糸口を見つけるんだ!

「……あ、あのー」

 勢いで、まずはそう口に出してから、

、やっぱカバーかけも早いな。俺よりもう、全然ぎわがいいっていうか……」

 そう、めちゃくちゃ早い。手慣れているし精度も高い。

 作業後にチェックしてくれる先生からの評価も上々だ。

 まずはこういう、がいい気分になりそうな話題から入っていこう。

 けれど、彼女はこちらに視線も向けず、

「だから、せんぱいおそすぎるんですよ。迷うと空気も入りやすいですし、さっさとやるのが一番なんです」

「……そうだよな。勉強になるわ……」

「……」「……」

 ──しゆうりようした。

 いつしゆんで会話がしゆうりようした。

 ダメだ! なんもわかんねえ! 次の話題!

 俺はムムム……と一人なやんでから、

「……はさ、食べ物はなにが好き!?」

 今度はそんな風に切り出した。

「和食と洋食だったら、どっち派!?」

 よし! かなり広がる話題を思い付けたぞ!

 これならきっと盛り上がって、いい感じに話を配信につなげられるはず!

「……どっちかっていうと、和食派ですけど。でも、アボカドはすごく好きです」

「ああ! アボカド! うちの妹も好きだわ、あれ!」

「へえ、妹さん、いるんですね」

「うん、一人、いる……」

「そうですか」「……」「……」

 ──しゆうりようした。

 またもやいつしゆんしゆうりようした。

 ダメだ……の口数が少ないのもそうだけど、こっちも意識しすぎてる!

 なんか、つうみたいに会話を回せねえ!

 でも、これで引き下がれねえぞ! こうなったら回数で勝負するしかない!

 なのに、

「……その、は──」

「──なんなんですか? さっきから」

 顔を上げた。

 作業に集中していたが──うっとうしそうに顔を上げた。

「不自然に話しかけてきて。雑談してるひまはないですよ。さっさと終わらせましょうよ」

 や、やべ!

 さすがに不自然だったか!

「あ、いや……じゃあ、あと一個! あと一個だけ、聞かせてほしいんだけど……」

「なんですか?」

「えっとー、その……」

 は、視線を落とし作業の続きに入る。

 けれど、全身から発せられている「これが最後だぞ」オーラ……。

 ぐう……こうなったら、もう遠回りはできない。

 これまでよりも直球で、質問をするしかない……!

 俺は小さく深呼吸してから、

って……ネットとか、やる?」

「そりゃ、人並みには」

「じゃあ、SNSとかも結構やったり?」

「その辺は苦手ですね。アカウントこそ作りましたけど、放置してます」

「へえ……。なら、その……」

 そう前置きし。

 俺は心臓がバクバクいい始めるのを自覚しながら、

「……配信とかは、興味ある?」

 そんな風に、大きくんでみた。

 ここまでやれば……に変化があるかもしれない。

 表情やこわいろに、どうようが走るかもしれない。

 けれど──、

「時々見ます」

 返事は、思いのほかあっさりしていた。

「読書してるときに、チル系のインストの生配信をかけたり。あとは、夜の高速道路の景色とか、夜行列車の車窓を流しているような配信も好きです」

「あー、そういうの……」

 見てそう。確かに、そういうの見てそう。

 それに……思いのほか冷静だな。サキが本当になら、もうちょっとどうようしそうな気がしてたけど……。

 ……もっとめてみるか。

 これまでより直接的に。相手にさる形で──。

「ちなみに……」

 言って、俺はごくりとつばを飲み込んでから、

「……自分で、配信、やったりとかは……」

 ──かくしんだった。もはや、疑問のかくしんれていた。

 ここまで来たら、成果なしのままでなんて終われない。

 こんなにみ込めば──さすがのもうろたえるはず!

「……わたしが?」

 彼女、こちらを見て首をかしげる。

「しそうに見えますか?」

「まあ、見えないけど」

 ……いつも通りだった。

 本当に、まったくもっていつも通りのだ。こわいろにも態度にも変化はない。

 あれ……マジで? マジで全然、どうようしてなくね……?

 あの配信……本当にじゃなかったのか? サキと、ただの他人のそら似だったのか……?

 そして……俺は気付く。

 むしろ、こっちが変なことを言ったみたいなふんになってることに。

 とつぴようもないことを、俺がいきなり聞き始めたみたいな空気……。

「……ほらー、その! 配信者って、今たくさんいるだろ?」

 あせった俺は、口からでまかせで適当なことをしゃべる。

「だから俺もためしにやってみたくて。もし、くわしかったらなにか教えてもらえないかなって、思ったんだけど……」

「すいません、ならお力になれそうにないですね」

「そっかそっか。そうだよな、うん……」

 さらに彼女は、作業の手を止めこちらを向き、

「それに、せんぱいには配信、あまりおすすめできないですね」

「なんで?」

「絶対に、不用意なことを言ってえんじようします」

 ごく真面目な顔で、はっきり言い切る

 言い返そうとしたけれど、とっさにそんなことないと言おうとしたけれど。

 ……思い出されるのは、さっきまでの俺の不用意発言の連発だった。

「……くそ、反論できねえ」

 くやまぎれにそうつぶやくと、俺はあきらめてブックカバー作業に集中し始めたのだった。


       *


 ──その日の夜。俺の自室にて。

 スペースキーを押し、DAW──音楽制作ソフトの再生を止める。

 真面目な顔をしていたがヘッドフォンを外し、やわらかそうなほおをほころばせた。

「うん、やっぱりいいよ、この曲。次は、これにしよう!」

「おう、わかった」

 その表情に、思わずこっちもがおになってしまう。

 だんはなんだか底知れない俺の妹だけど。こういうときには年相応の、なおにかわいい表情も見せてくれるんだよな。

 ずっとこの感じでいてくれねえかなあ。じやなおな妹でさ……。

「じゃあこれで、ひとまずワンコーラス作ってみるわ」

「お願いね。……そうそう、ところでさ」

 と、はキャスターをきしませこちらにグッと近づき、

「例の、こうはいの子にさぐり入れるの、どうだった? うまくいった?」

「ああ、あれな」

 ……まあ、当然その話題になるわな。

 にもあんな風にたん切っちゃったわけだし。

 けど、ニマニマ笑うその顔な……。

 あっさりじやなおモードがしゆうりようして、兄ちゃんちょっと悲しいよ……。

「やってみたんだけど、うん。やっぱり俺のかんちがいだったっぽいわ」

 とは言え、なおにそう結論を話した。

「あの放送、じゃなかったんだと思う」

「そうなの? なんで?」

「結構深めにさぐったんだけど、全然どうようしてなかったんだよ。で、考えてみれば、やっぱりあいつのキャラと、放送内容が全然合ってないんだよな。だから、うん。別人だ。あの配信は」

 そう、あれから色々考えてみて、結局そういう考えになったのだ。

 いくらといえども、もしも本当に配信をしていたなら。しかも、その中に話題にしていた相手に「配信したことある?」なんて聞かれたら、さすがにどうようすると思う。なんかちょっと、態度が変わったりすると思う。

 けれど──はいつも通りだった。

 ちようでもなんでもなく、マジでまったくだんと変わらなかった。

 だから……多分、ぐうぜん似てただけなんだ。

 声がそっくり、立場もそっくりの女の子がたまたま配信していただけ。

 ドッペルゲンガー並に自分に似てる人は世界に三人いる、みたいな話を聞いたことがある。サキは、にとってその声バージョンみたいなもんだったんだろう。

 せんぱいいつしよに帰れなくて落ち込んでいる女子高生だって、多分あの日だけで日本国内に数千人くらいいたんじゃなかろうか。そのうちの一人の配信を、たまたま俺が聞いちゃっただけなのだ。

 そういう風に、俺は理解した。

 だけど、

「えー……。なんかなつとくいかない」

 はそう言ってほおふくらませている。

「どうせお兄、めちゃくちゃ下手くそにさぐったんじゃないの?」

「失礼なやつだな! ちゃんとできたって!」

 まあ、結構なミスもしたけどな。会話ぐちゃぐちゃでひどいもんだったけど。

 でも、さぐるの自体はちゃんとできたはずだ。

 あれ以上に、なにかできることがあったとは思えない。

 それでも、あきらめきれない様子で、

「でも、今日もまた配信あるんでしょ?」

 こちらをのぞみ食い下がってくる。

「だったら、それいてもう一回考えてみなよ。もしかしたら、やっぱりあいつかも、って思うかもしれないし」

「んん……」

 うでを組み、せきばらいして考える。

 確かに、前回の放送から一週間。今夜もまた、サキが生配信をするはずだ。

「まあ、それは別に、構わないけどさ……」

 もう一度いたって、なにか損するわけでもないだろう。最後のかくにんの意味でも、今夜も配信をチェックするのはアリだと思う。それで、最終的に判断をする、っていうのは。

「そっか。じゃあまた、それでどうだったか教えてよ」

「おう、わかった」

 仕方ねえな、風にうなずきつつも……同時に、俺はちょっとうれしい気分な自分に気付く。

 正直なところ……俺は今夜も、放送をきたいと思っているのだ。

 先週ぐうぜん見つけたあの配信を、今週もきたい。

 サキの放送は、単純にいていてここかった。話はおもしろかったし、考えさせられる部分もあった。あの声とトークを、もう少しいていたかった。

 ──つまるところ。

 俺はサキの配信を、じゆんすいに楽しみにしているのだった。


       *


 ──スピーカーから、BGMが流れ出した。

 先週も耳にした、おしやおだやかなリズムマシンのビート。

 それが一度小さくなってからかすかに大きくなり──、

「始まった……!」

 ──俺は、そのスマホの向こうで。

 電波をへだてたどこかの部屋で、サキが配信の音量調整を始めたのを実感する。

 そして、数秒後。

『……あー、どうでしょう』

 そんなサキの声が、スマホからひびいた。

『音量、だいじようでしょうか? 声大きい? 少し下げます……はい……』

 先週もいた、落ち着いた声。

 によく似た──というか、やっぱり本人にしか聞こえない、かわいらしいひびき。

 けど……これは他人なんだ。

 図書室でかくにんした通り、別人の声なんだと自分に言い聞かせるように考える。

『ということで、こいはわからないものですね。みなさんこんばんは、サキです。今週も、ラジオ「こいは夜空をわたって」を、やっていきたいんですが』

 と、彼女はそこで息をつき──、


『……ねえみなー!』

「うおっ!?」


 ──大声だった。

 サキが、初めてく大声を上げた。

 ビビるあまり、身体からだがびくっとねた。

『今日は……ちょっとヤバかった。本当にヤバかった……』

 みしめるように。ふるえる声でサキは言う。

『ごめんなさい、まずはその話、させてもらっていいですか?』

「どうした……? なんだ、このテンション……」

『あのね、好きな人に……例の彼に、配信がバレたかもしれなくて!』

「ええっ!?」

『今日また、二人になる時間があったので、少し話をしたんです……』

 サキは、親しい友人に相談するような口調で話を続ける。

『でね、その中で彼が急に、「配信に興味ある?」なんて聞いてきて……。ほんといきなりでした。どういうこと!? まさか気付かれた!? って心臓飛び出しそうになって。でも、なんとか冷静をよそおって、興味ありますよ、結構見ます、みたいに話を合わせたんです。そしたら今度は「自分でやってみたことはないの?」って……。もう、頭の中真っ白でした……。心臓バクバクだし、ぶわーってあせ出るし……』

 ……それは、今現在のこっちも同じだった。

 頭真っ白。心臓バクバク。あせもやべえ……。

『でね、これ以上まれたらごまかしきれない。どうしよう、ってあせってたら……せんぱいが……「実は配信やってみたくて」「くわしい人探してるんだ」って。……そう。それだけだったんです。彼が配信やってみたかっただけ。うん。このラジオに気付かれたわけじゃありませんでした。わたしのかんちがいでした……。ということで、びっくりさせてすいません! そんなことがあったって報告でした。あー……もう本当に、ほっとしました。よかったー、完全にバレたと思いました……』

 深く息をすサキ。

 そして、彼女はふと思い出した様子で、笑いながらこう付け足す。

『あ、ちなみに彼の方の配信は、止めた方がいいって言っておきました。配信者同士になっちゃったら、見つかる可能性上がりそうですし……』


 ──一度、大きく深呼吸する。

 サキの言ったことを、頭の中でかえしてみる。

 ……うん、気持ちは落ち着いた。

 それと同時に、俺の中でも結論が出た。

 ──だから、俺はそれを。判明した事実を思わずさけぶ。


「……本人じゃねえか! やっぱり、本人じゃねえか!」


 ──もう、疑いようがなかった。

 ここまでサキの話と今日の出来事がいつしてるんだ。

 これはもう、確定だ!

 サキは……なんだ……!

 スマホからは、彼女の声が流れ続けている。けれど──今はそれも耳に入らない。

 それどころじゃない重大事実が判明したところなんだ。今はもう、そっちのことだけで頭がいっぱいだ……。

 ……ていうかあいつ、そんなにあせってたのかよ!

 さぐり入れてる最中、全然そんな風に見えなかったぞ!

 マジで、完全にいつも通りにしか見えなかった……。いつも通りの、冷静でそっけないにしか……。

 ……こわ

 これだけあわててて、あんなに冷静なりできるのかよ。こわ……。

 ていうか、それをちょっといてたっぽいこわ……。

 女子ってすげえな。そこまで人の気持ちがわかるものなのか……。

 ……そして、そんなこと以上に。

 そういうおどろき以上に、俺には考えなきゃいけないことがあって、

「うわあ……どうしよう……」

 こしけたまま、俺は思わず頭をかかえてしまった。

「これから俺、どうやってあいつに接すればいいんだ……」

 ──そう、それがわからないのだ。

 うっかり知り合いの配信をいてしまった。それだけでまあまあ気まずい。

 そのことを本人に言えばいいのか、それとも知らんぷりすればいいのか。かなりなやましいところだ。

 しかも……今回、は俺のことを配信で話しているわけで。

 そのうえ、「好きな人」として俺をあつかっているわけで……。

 ……う、うおお……。

 そのことを考えると、マジでどうすればいいのかわからなくなるな。

 ドキドキするし、頭も顔もすげえ熱いし……。

 ……ていうか、全然気付かなかった。

 そんなり、一回も見せられたことないし、むしろ冷たくあしらわれることばかりだった。

「……いつ俺を好きになんて、なったんだろう? そんなタイミングあったか?」

 自然と、そんな疑問が俺の中に生まれる。

 俺とは、あくまで図書委員同士、というつながりしかない。

 それ以外の理由で会ったことは一度もないし、会話をするのも図書室かその帰りのろうくらいだ。

 なのに、好きになられる機会なんてあったっけ……?

 ……それに、

「出会ったころって、あんな感じだったし……」

 そうこぼし、うでを組んで俺は思い出す。

 半年ほど前、春。

 俺とが出会った当時のこと──。

電撃文庫『恋は夜空をわたって』キミラノ試し読み

関連書籍

  • 恋は夜空をわたって

    恋は夜空をわたって

    岬鷺宮/しゅがお

  • 恋は夜空をわたって2 2

    恋は夜空をわたって2 2

    岬鷺宮/しゅがお

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close