第1話 …俺ぇ!?

「くそー、課題全然終わんねえ……」

 自室の勉強机に向かいながら。

 ノートにゴリゴリ文字を書きまくりつつ、俺は思わずそうつぶやいた。

「多すぎだろ、テスト前でもないのに……」

 フランス革命、ナポレオン戦争、ウィーン体制……。

 やり忘れに気付いてあわててとりかかったこの課題だけど……どれだけ進めても終わりが見えてこなかった。

 というか、教科書の残りの分量から考えて……これ、あと一、二時間はかかるんじゃねえか? まだ、全体のちゆうばんにさしかかったくらいじゃねえか……?

 時計を見れば、時刻は午前〇時を回るころ。

 このままだと、明日はすいみんそくで学校に向かうことになりそうだなあ……。

「……はぁ」

 思わずため息がれた。

 急ぎの課題に限って、みように手間がかかるのってなんでなんだろうな。

 これは大仕事だぞ……って思ったらもう終わった! みたいなことってほぼなくないか?

 楽勝でしょ? ……あれ、意外とボリュームある。てかこれ終わんねえ! みたいなパターンしかなくね?

 なんでだよ。神様意地悪かよ……。

「……はぁ。配信でも聞きながらやるかあ」

 ひとりごちながら、俺はスマホを手に取った。

 こういうときは、ぶんてんかんに限る。一人でやっててもなんかへこむし。

 動画サイトのアプリを起動。今やってる配信の一覧に飛んだ。

 ずらっと表示されている、俺におすすめの配信たち。今日もたくさんの配信者が、それぞれのチャンネルでそれぞれの放送をひろげているようだった。

「YouTuber、VTuber、芸人……。お、このネットラジオ、高校生がやってるのか……」

 見たことのない配信者だった。

 ちよう有名YouTuber、ってほどではないけど、そこそこ人気のある放送らしい。

 サムネイルはフリー素材っぽい、そっけない風景画像……。

ちようしや百五十人。始まったばっかりっぽいし、これかな」

 何の気なしに、俺はその配信のサムネをクリック。

 再生が始まったのをかくにんして、スマホを机に置いた。

 どんな放送かはわからないけれど、まあ耳がさびしくなければOKだ。

『……えー、音量、だいじようかな? だいじようそうですね』

 スピーカーから、BGMとともにそんな声が流れる。

『それでは……こいはわからないものですね。こんばんは、サキです』

「へえ。配信主、女の子か……」

 ノートにシャーペンを走らせながら、思わずそうつぶやいた。

 チルな感じのビートによく合う、落ち着いた声。けれど、声質はむしろかわいらしくて、耳にここいい転がるような高音で、冷静そうな口調とのギャップがおもしろい。

 サムネのシンプルさから、なんとなく男子の配信なのかと思ってたな。

 まあ、俺としてはどっちでも構わないんだけど。

『今週も始まりました。ラジオ番組「こいは夜空をわたって」。今夜も、一時間くらいかな。お話できればと思ってます。最後までお付き合いください。……さて、この一週間、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか? だいぶすずしくなって、どくしよ日和びよりでしたね。天気もよかったですし』

「……ん?」

 そこまでいて──俺はふとこぼした。

「なんか、この声……」

 おぼえが、ある気がした。

 かなり最近、こんな声の女子と話したような気が……、

『わたしはね、帰ってからさっきまでずっと本を読んでいました。久々に、当たりの小説見つけちゃって、あの、ご飯中まで読んだりしてね。あはは、もちろんおこられました』

「え……?」

 ──すぐに思い当たった。

 文字を書く手を止め、思わずスマホをじっと見てしまう。

「この声……じゃないか!?」

 ──

 ──さき

 高校のこうはいだ。いつしよに図書委員をやっている、一年生女子。

 この配信者の声は、あいつとそっくりに聞こえる。

 というか、口調もふくめて完全に本人にしか……。

 そんな俺のこんわくも知らず、「サキ」は話を続けている。

『みなさんも、しゆはほどほどにしましょうね。ここまでだらしないのは、わたしだけかもしれませんけど。あ、ちなみにこいの方は……うーん、わたしは特に、わりえなしですね』

こい!?」

 ──さけんでしまった。

 シャーペンを取り落としつつ、大声を上げてしまった。

『むしろあの、ちょっと失敗したこともあって。このあとまた、メールを交えつつその話もできればと思っています』

「マジで……!? あのこいバナ!?」

 反射的に、スマホをつかんでしまった。

 こい……、そんな話をするようなやつじゃないだろ!?

 だってあいつは……いつもつんつんして……。

 難しい性格で、本にしか興味がなくて……。

「……いや待てよ、落ち着け。本当に本人か?」

 一度スマホを置き、大きく深呼吸する。

 そうだ、めちゃくちゃドキドキしてるけど。変にどうようしてわけわかんなくなってるけど……まずは落ち着こう。

「冷静に思い出そう。の声……今日、あいつと話したこと……」

 そして俺は頭の中で、学校での彼女とのやりとりをかえる──。


       *


「こちら二冊、へんきやくは来週水曜日です」

 放課後の図書室。下校時間直前。

 カウンターで、が今日最後の貸し出し対応をしていた。

「祝日をはさむので、忘れないよう気をつけてください」

 へんきやくぼんたなもどしながら、俺はちらりとそちらの様子をうかがう。

 短めのくろかみねこみたいに切れ長の目。

 低めの身長の割に、よくよく見れば大人びて整った顔──。

 のない手つきで本を生徒にわたす彼女は、一年生のくせに早くも『熟練図書委員』的なオーラをかもしている。

 そのたのもしさになんだか笑ってしまいながら、俺は文庫本をたなの所定の位置にもどしていく。

 ──さき

 俺と同じ、図書委員の水曜担当である一年生だ。

 四月に同じ曜日担当になって以来、俺たちはこうして毎週放課後の図書室で顔を合わせ、貸し出しやたなもどしなど委員会業務にいそしんでいた。

 タイプでいえば──はサブカル系文学少女、という感じだろうか。

 純文学が好きでいつも本を読んでいるけれど、しゆはばはそれだけに収まらない。

 最新の文化や芸術、エンタメ。おしやなんかにも興味があるらしい。

 今も彼女は制服の下にフーディを着込んでいて、はたから見ていてもそのセンスのよさはいちもくりようぜんだ。

 対する俺。長谷川はせがわそういちは……まあつうだ。

 センスも文学的素養もいつさいなし。だから二年生のくせにに助けられる場面もちょこちょこあって、なんだか彼女には頭が上がらないのだった。

「ふぃー、おつか、こっちはへんきやく全部終わったよ」

 最後の生徒が出て行ったところで、言いながら彼女の元に近づいた。

 はこちらを見上げると、にこりともせずフラットな声で、

「おつかさまです、せんぱい。でも、声大きいです。図書室ではお静かに」

「えー。もう俺ら以外帰ったし、よくないか? だれにもめいわくかかんないだろ」

「そういう問題じゃないです。ルールなんですよ」

「……まあそっか。ごめんな、気をつけるよ」

 むすっとした顔で、俺に注意する

 厳しすぎる気もするけれど、彼女の言うことの方が正論だ。

 確かに、ルール破るのはよくねえわな。

 ちなみに、の着てるフーディも、我が校では校則でOKとされている。こいつはそういうとこ結構なのだ。

 なおに謝ってから、俺はカウンターの中からかばんを拾い上げ、

「……おし、四時半回ったしそろそろめるか」

「そうですね。行きましょう」

 うなずき合うと、俺たちは図書室を入念にまり。かぎを返すために職員室へ向かったのだった。


       *


「──失礼しましたー」

 キーボックスにかぎを返し、職員室を出る。

 人気のないろうを、と並んでしようこうぐちへ歩く。

 窓から外を見ると、校庭では野球部が練習道具の片付け中。

 彼らの頭上に続く空は、うすい青からオレンジ色に変わっていくところだった。

「……しかし、貸し出しマジで早いよな」

 ふと思い立って、俺はとなりの彼女に声をかけた。

「委員会入って半年なのに、時間までに終わったし。俺だったらまだけてなかったわ」

 ビビるほど早いのだ。

 機械みたいに正確な処理。がなくばやい手つき。

 すでにそのスキルは、図書委員歴一年半になる俺を大きくえている。もはや職人芸レベルだし、動画にしてネットに流したら海外でバズるんじゃないかとさえ思う。「Amazing Japanese school girl(in Library)」みたいな。

 けれど、

つうですよ」

 は何食わぬ顔でそう言う。

な動きをしてないだけです。むしろせんぱいおそいんです」

「そうか?」

「バーコード読むときていねいすぎですし、表紙じっと見たりしてますし。あと、時々借りに来た人に声かけてるじゃないですか。あれ、やめた方がいいですよ」

 言い合ううちに、しようこうぐちについた。

 くつえながらも、俺はいまいちなつとくがいかなくて、

「えー。でも、気になる本借りてく人に、声かけたくならない?」

「なりません。そもそも、図書室は私語厳禁です。わたしたちがそれを破ってどうするんですか」

「まあ、それもそうだけどさあ」

 しようこうぐちけ、ふんすいの前を通り過ぎる。

 正門を出て、住宅街の道を駅前の方に向かう。

「……というか、せんぱい?」

「ん?」

「いつまでついてくるつもりですか?」

「……え、だって、家二丁目の方だって言ってたろ? 俺もそっちだし、せっかくだからその辺までって思ったんだけど」

 俺の家は三丁目、はそのとなりの二丁目。割とご近所さんのはずなのだ。多分、徒歩十分かからないくらい。全然知らなかったけど、小学校中学校もいつしよだったっぽい。

 なら、一人さびしく帰るより、二人でばなしでもしながら帰るのがいいだろう。これまでなんとなくバラバラだったけど、そういう日があってもいいんじゃないか。

 そう思って、何の気なしにとなりを歩いていたのだけど──、

「……あのですね」

 はふいに立ち止まり、こちらをかえる。

「わたし、一人で帰りたいんです」

「……えー」

「色々考えたいこともありますし、静かなのが好きなんです」

「んん……。でも、もう少しくらい話してもよくないか?」

「なにを?」

「それは、そうだな。ほら! 好きな本のこととか?」

「好み合わないじゃないですか、わたしたち」

「まあそうだけど。の好きなやつ、俺全然わかんなかったけど……」

「逆にわたしは、せんぱいが好きな本はライトすぎだなと感じますし。だからすいません、ここまでで」

「はあ……」

 そこまで言うなら、いもできないか……。

 こっちも別に、絶対いつしよに帰りたい理由があったわけでもないしな……。

「わかったよ……。じゃあまあ、気をつけて。また来週な」

「ええ、また来週」

 ぺこりと頭を下げ、さっさと歩き去る

 その背中をながめながら、なんだかねこみたいなやつだなあと、俺はもう一度ため息をついたのだった。


       *


「──ただいまー」

 と別れ、家にとうちやくし。

 げんかんくついでいると、妹がリビングから出てくる。

「お帰りー、おそかったね、お兄」

「うん、図書委員あったから」

「そっか、今日水曜日かー」

 のんきに言いながらこちらをのぞむ妹──長谷川はせがわ

 がらよりも一層小さな身体からだ

 短めのかみを両サイドでくくり、俺とよく似た顔をじやにこちらに向ける彼女。

 ……まあ、似てるのはパーツだけなんだけどな。全体はちゃんと女の子な印象だ。むしろ、兄から見ていても「かわいいじゃん」と思うあいきようが、こいつにはある。

 ……人間って不思議だな。細部が同じでも、トータルの印象が全然別になるんだから。まあ、その中身はまたひとくせふたくせもあって、あいきようやかわいげだけって感じでもないんだけど。

 と、俺はふと思い付き、

「ていうか、聞いてくれよー!」

 ろうを歩きつつに切り出した。

こうはいがすげえ冷たくて。色々話しかけても塩対応でさー」

「へー。お兄がしつこくからむからじゃないの?」

「しつこかったかもしれないけど。でも、同じ図書委員同士、しんぼくを深めてもいいだろ?」

「ふん……」

 うなずくと、はちょっと考えるような顔をしてから、

「……ていうかその子、女の子?」

「そうだけど」

「じゃあしかたないよ。そういうとこで甘い顔見せると、かんちがいして言い寄ってくる男子、結構いるし」

「そうなのか。そんな、帰り道話すくらいで……」

 ……なんて言いつつも、まあでも好みの女子といつしよに帰ったら、かんちがいもするかもな。

 俺も片思い相手と二人で下校ってなったら、結構はしゃぐ気がする。そんな経験一回もないけど。

 ……あれ?

 でも、なんではそんなこと知って……、

「……え、ていうかも、言い寄られたりするの!?」

「もちろん。結構モテるからね、わたし」

「マジかよ……!」

 ……!

 ついこの間まで、ただの女子小学生だったのに!

 日アサが好きでこいとかえんの、じやな子供だったのに!

 いつの間にそんなに大きくなったんだ……!

 ……けどそうか、ももう中学二年。

 兄の俺から見てもかわいいのだから、いろこいのひとつやふたつあるか……。

「でもご心配なく。全部上手にあしらってるから」

 思考が顔にダダれだったのか、はそんなフォローまで入れてから、

「でね、わたしでもそんな感じだから、すごい美人だったりするともうヤバいんだよ。もしかしてその子も、きれいな子なんじゃない?」

「……言われてみればそうだな」

 あんまり意識したことがなかったけれど、は美人だと思う。

 顔立ちは整っているし制服の着こなしもおしやなわけで、好意を向けられていてもおかしくない。

 ただそうなると……、

「そっか、じゃああいつも、男子にしつこくからまれた経験があるのかな……」

「だから、今まさにお兄が経験させてるんでしょ」

「おいマジか!」

「まあ、せいぜい通報されないよう気をつけてねー」

 それだけ言うと。はたたたっとリビングにもどっていった。

「通報て……」と俺は大げささにおどろきつつも、

「……いや、でも気をつけるか」

 なんだか油断しすぎも危ない気がして、みように気をめたのだった。


 ……の言うこと、結構当たるんだよなあ。


       *


 ──その日の晩。

 明日の準備や課題も終わり、あとは入ってるだけになったところで。

 俺はギターを手に取り、てろてろと思い付いたフレーズをいていた。

「……ふふふふ~ん」

 この時間が、一日の中でも至福のひとときだった。

 やるべきこともなんにもなく、満腹で好きなことをできる時間。

 さっき思い付いたフレーズも、思いのほかいいものでいていて楽しい。

 ずっとこんな風にしていられればいいんだけどな~。のんきにギターいて、鼻歌歌っていられれば。

「──おーい、お兄!」

 そんなタイミングで、部屋のドアがノックされた。

「あー、入っていいよ」

 大声でそう答えると、とびらが開きが顔をのぞかせる。

「今のギターよかった。新曲?」

「うん。俺も気に入ってる。次、これにしようか?」

「さんせーい。まとまったらメールで送っといて」

 ……ふん。この感じだと『次回作』はこれになりそうだな。

 俺としても反論はない。なるべく早めにアイデアだけでもって、に送ろう。

「あと、お空いたよ」

「ありがと。入るわ」

 ギターを置き、から立ち上がる。

 ──そのひように。

 机に置きっぱなしになっていた一枚のプリントが、ゆかにはらりと落ちた。

「……ん?」

 なんだこれ、とそれを拾い。そこに書かれている内容をかくにんした俺は──、

「あー! やべー完全に忘れてた!」

「お? どうした?」

「今日世界史の課題出てたんだった。やり忘れてたー……」

 とつぱつてきに課題を思い付くことで悪名高い、すがぬま先生。

 彼がまた、今日とうとつに「今週教えたはんのことを、このプリントの形式でノートにまとめて提出してください」などと言い出したのだ。

 完全に頭からけてた……。いや、実際はいやすぎて、無意識のうちに脳がおくを消していたのかもしれない……。

「そうなんだ。じゃあお、お父さんたちに先入ってもらう?」

「……うん、悪いけどそうしてもらうかな」

 マジで気が進まないけれど、思い出しちゃった以上しょうがない。

 提出しないと成績にひびくかもしれないし……今からでもやっておかないと。

「りょうかーい。そっち声かけてくるね」

 かろやかに去っていく

 そんな彼女を見送りつつ、俺はガシガシとかみをかいた。

「ミスったなあ。でもまあ、思い出せただけよかった」

 ……うん、そうだ。

 なげいてばかりいてもしかたない。

 気付いた以上は、ぶつくさ言わずにさっさと終わらせてしまおう。

「……っし、やるか」

 一つうなずいて、俺はノートと教科書を引っ張り出しペンをにぎった。


       *


 ──ノートのページは、まだほとんど真っ白だった。

 ペンを持つ手も俺自身もこうちよくしている。

 そんな中──、

『──ということで今週も、みなさんからのおなやそうだんに答えつつ、いつしよに色々考えていきたいと思います。一つ目のお便り』

 相変わらず、スマホからは『彼女』のトークが流れていた。

 配信者『サキ』。落ち着きとかわいらしさをそなえた声を持つ、女子高生。

 そしてそのひびきは──、

「……どう聞いても、の声だよな。マジで本人としか、思えない……」

 ──俺はほとんど、確信しつつあった。

 今日のことを思い出してみて。あいつとのやりとりを脳内再生して、改めて思った。

 似ているのだ。本気でそっくりなのだ。と『サキ』の声は。

 これで他人だと思う方が無理があると思う。

 ただ──、

とくめいでいただきました、ありがとうございます。えー、「好きな人がいるのですが、こわくてせません。気持ちがばくはつしそうで、どうすればいいかわからないんです。サキさんは、そんな風に思うことありますか?」というメールですね』

 スマホの向こうで、話を続けているサキ。

 俺にはどうしても一つ、ひっかかるところがある。

『うん……あのね、すごくわかります。せないですよね、好きな人には。不安ですし、なんか変にきよ取っちゃったりして。そう、それでね、わたしも今日、好きな人をはなしちゃったんです。近づくのがこわくて』

「……こわくてはなす。あいつはそんなこと、しそうにねえよなあ……」

 そう……なんか『らしくない』のだ。

 だんと、この配信をしているサキの発言が、うまく重ならないのだ。

 はもっとそっけなくて、意志が強くて、他人とこいバナなんて絶対しなそうなタイプ。

 対するサキは、せんさいで、こいに興味があって、結果配信までしちゃう女の子だ。

 声は本人そのままなのに、キャラがちがいすぎる。

 だから……もう少し。

 あといくつか二人の共通点を見つけられれば、確信が持てそうなんだけど……。

 なんて考えていた、まさにそのタイミングで──、

『あの、わたし、小説が好きだって話しましたよね? 学校でも図書委員会をやってて』

 ──思わず、から立ち上がった。

『それも結局、人と接するのがこわいからなのかなって思うんです。相手が物語なら、傷つけちゃうこともないでしょう?』

 ──小説が好き。

 ──図書委員会をやってて。

 ……同じだ。これもと同じじゃないか。

『そんなわたしに、この春好きな人ができて……。うん。だからこのラジオを始めたんです。人と関わるのに、慣れておきたいなって。直接じゃなくて……なんていうのかな。ラジオっていううすかわというか、そういうのをへだてて、人と関わる練習をしたくて。だから、あなたもなにか、練習をするのがいいように思います──』

「──いやこれもう、確定じゃないか?」

 にどっかとこしなおしながら、俺は心臓がバクバクいってるのを自覚する。

 何度も頭の中で検証するけれど……うん。

 もう、確定だといってもいいと思う。サキは、ちがいなくだ……!

「あいつ、配信なんてやってたのか。全然そういうタイプには、見えなかったけど……。でもここまで来ると、さすがに他人ってことは……。あとそうだ、名前もサキって……。の本名と同じだし……」

 そろそろ秋本番だというのに、びっしょりとあせをかいていた。

 なんだこれ……なんかすげえ、どうようするな。

 知り合いが、生配信してたかもしれないって。しかもそれを、ぐうぜん見つけちゃったって……なんでかわからんけど、すげえビビる。

 そんな俺の気も知らず、スマホの向こうではサキが次のメール相談に答えている。

『──わたしね、これ、謝った方がいいと思います。あの、ショックなのはわかるんです。つらいよね、どもあつかいされるのは。けど、相手の男性は……二十代後半。さんは、高校一年生なんですよね──』

「質問にも、めちゃくちゃていねいに答えてる。よくこんな、自分の考え言葉にできるな。しかも、ちようしやもどんどん増えてくし」

 サキのトークは、大手配信者みたいにこなれたものだった。

 自分にはこんなことできないし、経験も積んでいるんだろうと思う。

 、こういう風にしゃべれたんだな。さらさら流れるみたいに……。

 それに……、

「うわ、もう二百人……。これ、相当人気じゃね? 高校生でこれだけ集められるって、マジですげえんじゃないのか?」

 俺はそこそこ、生配信を見る方だと思う。

 有名YouTuberもVTuberも好きだし、音楽系の配信を見るのも好きだ。

 そういう大手やプロの配信者にはおよばないけれど、つうの女子高生であるが、二百人を前にして話をしているんだ。一クラス四十人と考えれば、なんと合計五クラス分の人間が、彼女の話を聞きに来ていることになるわけで……。

 ……いやマジですげえよ。

 有名人じゃん、……。

 そして──気になることがもう一つ。

「……好きな人、いたのか……」

 ……そうだ。

 放送の中で、サキがさらっと言っていたこと。

 この春好きな人ができた、という話。

「……全然、気付かなかったなあ。どんな男子なんだろ」

 背もたれに体重を預けて、俺は考えてみる。

は、どんなやつを好きになるんだろう。俺の知ってるだれかか……?」

 一応、共通の知り合いは何人かいる。図書委員の面々や、関わってくれている先生たち。

 だけど……うーん、特にそんな感じのやつはいなかった気がするけどな。

 だれかを好きっぽい感じには、特に見えなかった。

『──ということで、さん、お便りありがとうございました。ごととは思えなかったですね。好きな相手に、ひどいこと言っちゃうとか……』

 配信の向こうで、ちょうどサキも自分のこいの話を始める。

『あの、わたしも今日、それで失敗しちゃって……』

「あはは、、好きな人にまできつい態度なのかよ。相手も災難だなあ……」

 思わず、一人部屋で笑ってしまう。

 なんとなく、そのシーンは想像できる気がした。が相手を好きなあまり、ひどいことを言っちゃうシーン。

 ……うん、やりそうだ。

 あいつなら、好きな相手にそういうことしでかしそう。

『はあ……なんでわたし、断っちゃったんだろ』

 スマホの向こうでは、相変わらずサキが自分の失敗をなげいている。

『あのとき、なおせんぱいさそい、乗ればよかった……』

「ん……?」

 ──そのセリフに。サキの言葉に、俺はひっかかりを覚えた。

 ……せんぱい

 ……さそい?

 なんだか、身に覚えが……。

 そして──みような予感を覚える俺に。

 まさかの展開の予兆を感じ取り始めた俺に──。

 サキは、しのようにこう続けた。


『──せっかく、いつしよに帰れそうだったんだけどなあ……』


 ……いつしよに、帰る……。

 ……せんぱい……さそい……。


 ……つまり、それって……。


「──俺ぇ!?」


 ──そうさけんだ俺の声は。

 深夜の自室に短くはんきようして、消えていったのだった──。

電撃文庫『恋は夜空をわたって』キミラノ試し読み

関連書籍

  • 恋は夜空をわたって

    恋は夜空をわたって

    岬鷺宮/しゅがお

  • 恋は夜空をわたって2 2

    恋は夜空をわたって2 2

    岬鷺宮/しゅがお

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close