プロローグ

 画面の向こうで、百人近いリスナーがわたしを待っていた。

 暗い部屋の中、異界へのゲートみたいに光っているパソコンディスプレイ。

 そこに表示されているのは、見慣れた配信用ソフトだ。

 設定しておいたシーン一覧とソース一覧。オーディオミキサーに、配信イメージ画面。

 現在──ステータスは配信開始二分前。

 画面のかたすみで、残り時間が一秒ずつカウントされていく。

「……ふぅ」

 それをながめながら、深く息をいた。

 配信を始めて……半年くらいになるのかな。

 人との関わりをけていたわたしが、ネットしにだれかとい始めて半年。

 おかげでずいぶんと、話をするのに慣れてきた。言葉にまることなんてほとんどなくなったし、常連リスナーといえる人だって集まり始めた。

 それでも──この感覚はいつだって変わらない。

 放送開始直前、予定時間を待つきんちようかんは。

 だからわたしは──、

「……よし」

 ──いつも通り、わたしだけの「ルーティーン」にとりかかる。

 デスクの上をささっと整理。物を決められた場所に一つ一つ置いていく。

 収まるべき場所にある放送機材、小物たちは、なんだかわたしを守ってくれる心強い仲間みたいだ。

 一通り終えて、最後にゆびさしかくにん

「……マイクOK、ヘッドフォンOK、アプリOK、お茶OK。んん……。のどもOK」

 ──これで準備かんりよう

 気付けば、気持ちも落ち着いている。

 自分の中で、モードが変わったのを感じた。

 本好きの女子高生『さき』から、配信者『サキ』にわった感覚──。

 ──うん、いける。

 時計を見れば、配信までの時間は十秒を切っていた。

 待機人数も、百五十人に届くほどになっている。

 そろそろ始めよう。

「よし……」

 マウスに手をばし、深呼吸した。

 そして──、

「……スタート」

 人差し指に力を入れ、わたしは配信を開始する。


 ──さあ、今夜もこいの話をしよう。

電撃文庫『恋は夜空をわたって』キミラノ試し読み

関連書籍

  • 恋は夜空をわたって

    恋は夜空をわたって

    岬鷺宮/しゅがお

  • 恋は夜空をわたって 2

    恋は夜空をわたって 2

    岬鷺宮/しゅがお

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close