アルカディア──それは、人類に死をかいする力をあたえた夢のシステム。

 やくしたクローン技術とおくの量子化により実現した人類史に残るぎようだ。

 まず、兵士一人ひとりが装着しているチョーカー型の装置が、その兵士のおくをリアルタイムでデータ化している。そしてチョーカーが身体の死をにんしきしたしゆんかん、この記憶変数体マインドステートと呼ばれるおくデータを、生成したクローンの脳へとインストールする。

 そうして生成されるのは、死の直前までの対象と同一の存在。

 生き返るのではなく、死のかい。あるいは、おくの連続性の

 それが、アルカディアによる〝複体再生リスポーン〟である。

 つまるところアルカディアとは、この一連の流れをとうかつし、記憶変数体マインドステートの保管を行うシステムのことなのだ。

 アルカディアが軍事目的で実用化された時、世界各国──特に、二大大国と呼ばれているローレリアれんぽうとエルメア合衆国はこの登場をもろ手を上げてむかえたという。

 それまでの高度化し続ける無人兵器主体の戦場は、すでに数多くの問題をかかえていた。

 陸海空にばつするドローンは軍拡に次ぐ軍拡で単価がばくだいがり、しまいには無人機がなかった時代の兵員よりも何倍も多くの機体をそろえる必要があった。その時軍用ドローンの価値は、兵士の命より高くなっていた。

 しかも、最高級のAIをとうさいした高価格帯のドローンならまだしも、基地にAIの本体を置きえんかく操縦することが基本となるその他大勢の量産型ドローンは、原則として電磁パルスEMP通信妨害ジヤミングに対してきよくたんに弱い。

 そうなると結局、最前線に人間の兵士が立つ必要があった。

 人間の兵士はいなくならず、国防費はかさを増し、ブリキの兵器ばかりがあふれていく──。

 そうした問題を、アルカディアは一挙に解決することになる。

 クローンの生体材料は、食品印刷技術の発展により安価に調達できる。

 加えて、人間の兵士を直接展開できるため、通信のえんなやまされることなくプログラムにしばられないせんきよう評価と交戦判断を現地でばやく下せる。

 きわめつけは、彼らは決して死なないのだ。

 安く、強く、そしてだれも死なない。

 そう──アルカディアは、文字通り戦場を一変させた。

 しかし、そんなかんぺきに見えるシステムにも、一つだけ欠点が存在した。

 ──それは、アルカディアによる記憶変数体マインドステートえが、十九歳以下の未成熟な脳にしか行えないというの制約だった。


 熱したガラス玉のように赤くなった太陽が西のりようせんに消えるころ

 異様に明るい月が見え始めたあいいろの空の下で、うだるような暑さをばさんばかりに重いビートの効いたダンスミュージックが流れてくる。

 簡易的に作られたステージの上では、DJを務める第三小隊の隊長が派手な私服で両手をかかげていた。音楽の盛り上がりに合わせて、至る所からかんせいが上がる。

 そこでは千人をす大勢の若者たちが、週に一度のグリルパーティに興じていた。

 しよの山奥にあるようなきよだいなロッジからは、かたまりにくやソーセージを山盛りにしたプレートがひっきりなしに運び出され、りんせつしたしばの広場に点在するバーベキューコンロへと持ち寄られる。

 あきはそのうちの一つの前でトングを持って、額のあせぬぐいながら肉のめんどうを見ていた。

 顔を上げると、ロッジの平たい屋根のすぐ向こうに駐機場エプロンにずらりと並ぶ輸送ヘリのりんかくのぞいている。そのとなりにはとイージス戦車の無骨なかげが続いていた。

 そう──ここはエルメア合衆国のれいきようぜんしよう基地にある食堂と、そこにりんせつする広場だった。

「ねえ、アキ。お肉まだー?」

 そう言って、あきの横で目をかがやかせたきんぱつ少女、あましろがフォークを構えて臨戦態勢に入った。

「もう少し待て。今日は珍しく天然物も混じっているから時間がかかるんだ──っておいりようたろう、それまだ焼けてないぞ!」

 をたしなめていると、赤く染めたたんぱつが目を引く第一小ライガーたい副隊長──りようたろうがその反対側からはしばして肉のかたまりをかっさらっていく。

「俺は生焼けくらいが好きなんだ──ってこれ天然物じゃねえか! しかも鳥肉!」

「だから言っただろ! 知らないぞ、明日腹痛で真っ先に複体再生リスポーンすることになっても」

「……んなクソダサい理由でリスできるかよ」

 あきは息をくと、足元の氷水がたっぷり入ったアイスボックスから、キンキンに冷えた炭酸飲料のかんを適当に取る。そうしてまったつかれとともに、人工かんりようと正体不明のフレーバーの混合物をのどに流し込んだ。

 近くから別の小隊の声が聞こえてくる。

「また第一小ライガーたいやつ全滅ワイプしたらしいぜ。対人キル数も小隊の中で最下位。このままじゃあいつら全員、ないしんしよに赤が入るかもな」

「赤点で済めばまだマシだろう。最悪、される可能性だってある」

「……変なこと言うなよ。あれは都市伝説だろ。──ま、戦績が最低な第一小ライガーたいにはもう少し仕事してもらいたいもんだね。特にいち隊長殿にはな」

 ライガー隊の面々が無言でうつむく。

 またか、と内心でためいきをついてばいようにくの牛サーロインに視線をもどし、そのとなりりようたろうが手にしたばしをバキリと割る。

 そうしてりようたろうは勢いよくかえると、テーブルを囲んでいた第二小隊の連中に向かって真正面からさけんだ。

「テメェら丸聞こえなんだよ! 今日も戦線ラインできたのはだれのおかげだと思ってんだ! 俺ら第一小ライガーたいが身体張って《致死の蒼リーサルブルー》のやつを止めたからだろうが! ……止めていたのは主にあきだけどよ」

「……ッチ。うるせえよ。どれだけ止めたかじゃねえ、どれだけ殺したかで話せよ。元エース様のいちはすっかりけちまってまともに敵兵も殺せないんだろ? その部下たるお前らも全然キルしてないじゃないか。てめえら小隊はエルメアのお荷物なんだよ」

 第二小隊の男たちはつまらなそうに鼻を鳴らして、空になったプレートと食器を持ってロッジの方へと立ち去る。

 残されたライガー隊の間には、重い空気だけが残った。

 その後ろ姿を見送ったりようたろうは、今度はぐるりとあきに向き直る。

「……ッたく、あきあきだぜ。悪いけど、あいつらの言う通りだ。全然、キルしてねえじゃねえか。どんな戦場も血の海にしてきた《血も無き兵ブラツドノート》の名が聞いてあきれる」

 こうげきてきな目を向けてくるりようたろうに、あきはカラリと笑った。

「《血も無き兵ブラツドノート》の名の通り、今後は血を流さない方向で戦おうかと思ってさ」

「笑えねえじようだんはやめろ」

 あきは短くかたすくめる。

「それに、対の戦績は一位なんだからいいだろ」

「対人の数字がやべえだろって言ってんだ。テメェ、総合戦績で言えば平均割るくらいだろうが。ぶっちぎりでトップだったころなつかしいレベルだぞオイ」

「俺の戦績は別にいいんだよ。第一小ライガーたいのメンバーの戦績が確保できればそれでいい」

「あのなぁ、テメェのそういう態度が隊全体のふんを──」

「はいストップ、ストップ! アキは早くお肉ひっくり返して! げちゃう! リョウはしやべってないでどんどん食べる! せっかくのごそうが冷めちゃうよ!」

「オイ、待て、俺の話はまだ終わってな──」

「あのねえリョウ、さっきからアキばっか責めてるけどそういう自分はどうなの? やり方に文句あるなら、今年の総合戦績でアキに勝って、自分が隊長になってから言いなよ。他のみんなもだからね?」

 両手をこしに当ててそう言うに、りようたろうや周りの隊員たちがいつせいにたじろぐ。

 すると今度はビシッとあきの鼻先を指さした。

「それで、アキは前の戦績をちゃんともどすこと。みんなは急に評点を取れなくなって不安になってるの、わかるでしょ? 隊長なんだからしっかりして」

「……わかったよ」

 あきりようたろうと目を見合わせ、二人して息をついた。昔から、彼女に逆らうことはできないのだ。それからあきりようたろうのプレートに火が回ったステーキ肉をせた。

りようたろうのせいでおこられたじゃないか」

だれのせいだよだれの」

 りようたろうかたを並べて、ひそひそと言葉をわす。

「それとりようたろう、あのタクテイカルネームやめないか? 最近じゃほとんど使わないし何よりもずかしい」

いまさら変えられるかよ、混乱するだろうが。……三年前に嶺京前哨基地ここに配置されたころはカッコイイと思ったんだけどよ」

「お前のセンスは難アリだからな」

「うるせえ、俺に命名をらいしたあきが悪い」

 それからあきをはじめとした他の第一小ライガーたいのメンバーにれいに焼き目のついたにくじゆうしたたるステーキをわたしていく。

 が満面の笑みで肉をほおってはえんして、至福のためいきをつく。それから彼女はれいきようちよう高層ビル群へと目を向けた。

 ここから直接見えないが、その方角の先にあるのはエルメア合衆国の宿敵──ローレリアれんぽうぐんぜんしよう基地である。

 あきためいきとともにこぼす。

「──この戦争、いつになったら終わるんだろうな」

 そのつぶやきに、りようたろうが言い放つ。

「終わんねえよ。もう、戦争ありきで世界が回るようになっちまってんだ。って言うか戦争が終わっちまうと評点がかせげなくなるから困るぜ」

りようたろうに人生設計があるとは意外だ」

「ンだとこのろう。俺は退たいえきしたら世界をまたにかけた兵器トレーダーになる。それで大金持ちになって、一生遊んで暮らすんだ。そん時は一人くらい、養ってやってもいいが──」

 そうしてりようたろうをチラリと見るが、当の本人は自分の将来像に夢中だった。

「私は田舎いなかに家を買って、緑に囲まれながら服のデザインをしたいな~。ちやちや有名になって、将来は私のモデリングしたデータにプレミアがつくの」

がデザイナーだぁ? 九ミリぶっ放してるやつにまともな服を作れるとは思えねえな」

 小馬鹿にするりようたろうに、は自信満々の表情をくずさずに続ける。

「私がビッグになりすぎてこうかいしてもおそいんだから。……有名になったらいそがしくなるだろうから、その時はアキもいつしよに手伝ってよ。アキもゆったりした生活は好きでしょ?」

 首をちょこんとかたむけてくるがおまぶしくて、あきは目をらした。

「俺は服のこととかよく分からないからいいよ。……今を生きるのに精いっぱいだ」

「そう? アキも結構いいセンスしてると思うけど。ま、取らぬたぬきのなんとやらってね。まずは評点を取らないことには始まらないし。がんって敵をたおさなきゃ」

「評点、か──」

 あきは口の中で短くはんすうした。

 毎日毎日、痛みをこらえながら戦場を飛び回り、敵と味方の血を浴びて戦線をひらく──そんなごくの日々でも毎朝起きて前へせるのは、ひとえに評点という数字ゆえだった。

 戦場に立つあきたち子供は、その過大な国へのこうけんに応じて、将来を約束してくれる仕組みがある。

 戦績を上げれば階級が上がり、むかえる退たいえきの階級が高ければ高いほど、自由な進路を国から提示される。軍の高官になって国防を指揮するもよし、商社に入って世界をまたにかけるトレーダーになるもよし。あるいは戦場から一番遠いところで映画なんてものをることも場合によっては許されると聞く。

 一方で、この評点が低ければ、将来の生き方のせんたくおおはばしぼられる。くさいことで有名な完全栄養魚類スーパーフイツシユの生産管理人や、はいがい都市のせいそういん、他にも兵器開発の危険な実験場勤務などなど──。

 このように、将来の可能性のはばが、十九歳までの戦績如何いかんによって決まってしまうのだ。

 だからこそ、あきは隊長として第一小ライガーたいの面々が確実に評点を得られるように綿密に作戦を練って戦場にしている。

 それでも、あきはそんな未来の全てが戦争ありきで評価される仕組みに疑問を持っていた。

「一番いいのは、おたがいに落としどころを見つけて停戦することじゃないのか。……ぎやくさつの果てに勝利をつかんでも、俺は喜べない」

 つぶやいたあきの言葉に、りようたろうまゆを寄せる。

「はあ? 何言ってやがるあき。ロッツが停戦協定なんて受け入れるわけねえだろうが。やつら、制圧した土地のエルメア人はみなごろしにするって話じゃねえか。戦い続けるしかねえんだよ」

 あきりようたろうの言葉に、視線をらした。その先に映るのは、てつあみに並べられた肉のかたまり

 それが、半日前の戦場の景色を思い出させた。

「そうだとしても可能性はさぐつづけるべきだろ。……俺たちがしていることは、結局のところ人殺しなんだから」

 あきが言うと、りようたろうは口をつぐむ。

 一瞬の間が空く。

 それから二人は顔を見合わせ、そしてあきに言った。

「それがどうしたの?」

 悪意のない、ただ純粋な疑問を浮かべる少女の顔がそこにある。

 あきは静かに息をんだ。

 分かり切っていた反応だったにも関わらず、自分の中におどろきの感情があることにどうようした。もしかすると、自分はもっと別の答えを期待していたのかもしれない。

 それでも、言わずにはいられない。

「アルカディアのおかげで確かに俺たちは死なない。……でも敵や味方が感じる痛みまでが無くなるわけじゃない。死が、なかったことにはならないだろ」

「オイオイあき、なに当たり前のことを言ってんだよ。それが戦争ってもんだろ」

 そこにが言葉をつなぐ。

「アキの言っていることも分からなくないけどさ。でも、別によくない? ──だって、生き返るんだし」

 今度こそあきは言葉を失った。

 いつの間にか、他の隊員たちも手を止めてあきたちの会話を聞いている。その彼らも、全員りようたろうの言葉にうなずいていた。

 何か言い返さなければ──そう思えば思うほど、思考が空転する。

 そこに、がとどめの一言を放った。

「それに、みんなやってることだよ? 人殺しなんて」

 あきさとる。

 ──ああ、自分がおかしいのだ、と。

 見ている場所がちがうのだと。

「私たちは敵を殺して、戦果を上げて、点数かせいで、そうして幸せな未来をつかむ。だれも死なないし、だれも困らない。それだけでいいじゃん」

「大人たちが何考えてるか知らねえけどよ。人生くいくためのレールが目の前にかれてるんだ。進む以外のせんたくがあるかよ」

 そう言ってはしせんたんを向けてくるりようたろうに向かって、あきはむっとなって言葉を返す。

「……そのために、俺たちは人を殺し続けるのか。同じ、子供たちを」

「あんなの、ただの的だと思ってりゃいいだろ」

「敵とは言え彼らはとはちがう……生きてる人間だぞ!」

ちがわねーよ。こわれたら作り直す。同じじゃねえか」

 子供が戦場に立つなんて──。

 アルカディアを導入する際に、世の大人たちは反対する──そう思われた。

 しかし、実際にはそうならなかった。

 理由は単純。

 第一に、すでに無人兵器の操縦者のほとんどが習得が速く訓練コストの安い子供だったということ。

 そして第二に──これが最も主な理由なのだが──死ぬわけではないという事実だった。

 時代によって世界は変わる。

 それはりんかんも例外ではない。

 別に死ぬわけでもないし──それをめんざいに、人々は受け入れたのだ。

 子供たちがアルカディアによって戦場に立つことを。

 それと同じことが、あきら兵士たちの考えにも根付いている。

「あーっ、もっと評点かせげるようになりたいなー! 《致死の蒼リーサルブルー》をボッコボコにできるくらい力が欲しいーっ」

 が強張った空気をほぐすように、夜空に向かってさけぶ。

 その姿をあきは複雑な気持ちで横目にながめるのみ。

あき、テメェやっぱ最近おかしいぞ」

 するとサイコロステーキを飲み込んだりようたろうまゆをひそめてあきに言葉を向けた。

 部隊のみんながこちらの様子をうかがっていた。

 あきは一度ぎゅっと目をつぶると、決断を下す。

 ──おかしいのは、俺だ。

 それから笑ってりようたろうかたたたいた。

だいじようぶだ、お前ほどじゃない」

「テメェけん売ってんのか!? そうなんだな!?」

「次の方針をキル重視にしようかとなやんでいたから、ていこうあるか聞いておこうと思ったんだよ。でも、この様子だと問題なさそうだな」

「なんだ……そういうこと」

 そう言っては胸をろす。

「私も本気でアキがおかしくなっちゃったんじゃないかと心配したよ」

 それからみんなで笑い合う。

 そうだ。これでいい。

 このまま笑っていよう。いつものように。

 このおもいは曲げられない。簡単には変えられない。

 それでもかくつづければ、それでいいのだ。

 この中でおかしいのは、自分だけなのだから──。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • エンド・オブ・アルカディア

    エンド・オブ・アルカディア

    蒼井 祐人/GreeN

  • エンド・オブ・アルカディア 2

    エンド・オブ・アルカディア 2

    蒼井 祐人/GreeN

Close