──トリガーを引いたしゆんかん、目の前で航空ドローンがばくさんした。

 あきは押し寄せたしようげきばされ、れきの山に背中からたたきつけられる。

「ぐ──っ!」

 眼前に広がるのはあおそらと、天高くつ白い入道雲。

 ちよう高層ビルに切り取られた夏空を、小型高機動ミサイルMTM無人戦闘機UMCがもつれ合いながらはくえんいて横切った。

 その景色を背に、ライトマシンガンをかかえた少女がビルのざんがいの上へと降り立つ。

 あきのどの奥からせり上がってきた血にむせながら、その兵士をにらみつけた。

「──あんたも執念深いな、《致死の蒼リーサルブルー》」

 プラチナブロンドのちようはつばくふうに流した少女──タクテイカルネーム《致死の蒼リーサルブルー》は、ゆっくりまぶたを持ち上げる。

 現れたのは深いあおひとみ。空よりも青いしきさいおどる。

 それはあきおなどしくらいの、大人と言うにはまだあかけていない少女だった。

 たんせいな顔立ちをしており、見る者にここがかとさつかくさせるようなにんげんばなれした美しさの持ち主である。

 そんな彼女は、純白のタクティカルスーツに身を包み、年の割には肉感の強いたいしげも無くさらしていた。

「これで百三十四」

 不意につぶやいた《致死の蒼リーサルブルー》の言葉にあきまゆを寄せる。

「……なんの数字だ」

 これまでました態度をつらぬいていた彼女はかたふるわせると、にくにくに表情をゆがめて乱射した。

「……今日あなたがこわしたドローンの数よ! わいいあの子たちをほふるなんて、あなたに人の心はあるの!? これだからエルメア人エルマーきらいなのよ!」

 あきこしのジェットキットをかすと、横にした。

 白銀の少女もまたそれに追従してくる。

「人間をやるのはよくてドローンはダメなのか!?」

「何を言っているの? 人はすぐに再生できるけど、機械は簡単には直らないじゃない」

 そんなちやちやな、と思う反面、見方によっては案外正しいのかもしれないと内心で思った。

 すると、高層ビル群のすきから全長一メートルを超える新手の航空ドローンが五機、隊列を組んで飛来してくる。

 あきはタクティカルスーツに強化されたあしちようやくし、宙で反転して追ってくるドローンをアサルトライフルでしやげきした。ばくえんが五つ連続してまたたく。

 着地するなり、れきかげからかげへと飛び移った。その合間をねらって少女がしやげきしてくるが、あきは毎回飛び出すタイミングをぜつみように変えてこれをかいする。

「大量のドローンをませて、かいしたところをライトマシンガンで仕留める──きたぞそのパターン!」

「接近戦しか知らないどこかの能無しがひたすらまわるからじゃない!」

「そうでもしないとあんたのスウォーム、とつできないんだよ! あんたも兵士なら、たまにはじゆう一丁でかかって来たらどうなんだ!」

「同じ言葉を返してあげる。──あなたも兵士なら、ドローンの一機くらいへいれつ演算で操作してみたら?」

 追従してきた少女があきと横並びになると、激しいだんがんおうしゆうひろげる。

 その中で、少女がれきつまずき体勢をくずす。

「きゃ──っ!」

 そのしゆんかんのがあきではなかった。

 ライフルを構える。照準器のレティクルに小さな頭が重なる。

 そして人差し指をかけたトリガーが加重され──

 あおひとみと視線がぶつかった。

「────」

 指がこうちよくする。呼吸を忘れる。

 秋人は自分の表情が強張るのを感じた。

 そうして生まれたせつに、少女が体勢を持ち直す。

 向けられるのは、ライトマシンガンのくらじゆうこう

 次の瞬間、あきの身体に七・六二ミリだんが三発まれた。続けて、背後からせまった自爆ドローンSUAVばくふうでビルのかべたたきつけられる。

「が……っ!!」

 赤色を散らしながら地面に落ちると、最後にあきは血のかたまりした。

 すると、白のスーツに包まれた細いあしが視界に現れて目の前で止まる。

 顔をあげると、《致死の蒼リーサルブルー》が両目をげてあきを見下ろしていた。

「《血も無き兵ブラツドノート》とは皮肉ね。だれよりも血まみれなんだから」

「……これだけきされていたら、その名前もあながちちがいじゃないかもしれない」

 少女はつまらなそうに鼻を鳴らし、ギロリと音がしそうなほどにらみをかせる。

「さっきはどうしてたなかったの」

「……なんのことだ」

 そうとぼけるあきの言葉に少女はたんそくして、ライトマシンガンを構える。

 真っ暗なじゆうこうあきの目の前にかんでいた。

「……あなたが何を考えているのか知ったことじゃないけど、ああいうことされると腹が立つの」

弾詰まりしたジヤムつたんだよ」

じようだん

 じゆうこうれる。

「──てない弱者は戦場ここから消えて」

 言葉とともに、少女は躊躇ためらい無くトリガーをしぼった。

 えんした世界でマズルフラッシュがまたたき、バレルからされただんとうが眼前にせまる。

 そしてせんえがるいてきがただんがんは、あきの頭部へと達し──。

『警告:マインドステート同期率……九四・八パーセント』

 死の直前、あきの視界に深紅のアラートウィンドウが無数に展開された。

 それとほぼ同時、数値が一〇〇パーセントへと達し視界が暗転。あきおのれの死を理解する。

 それから記憶変数体マインドステートという圧縮されたあきおくデータが、戦場にめぐらされた通信素子帯エーテルネツトかいして、二キロメートル上空を飛行する戦術降下艇ドロツプシツプへと転送された。

 戦術降下艇ドロツプシツプの中に並べられたえんとうじようのポッドの一つがにぶうなごえをあげ始める。

 インジケーターの色が赤から緑に変わり、ポッド内部でフラフープに似た金属製のリングがてんじようからゆっくりと下降し始めた。

 その動きに合わせてリングの中央から人間の頭部がでんともなって形作られていく。黒のもうはつが、白のはだが、首のチョーカーが、そしてその身体を包むタクティカルスーツが次々とされていく。

 そうして現れたのは、あきのクローンだった。

 ものの三秒で上半身の出力が終わり、下半身の印刷が進むちゆうで心臓が動き出す。

 そして、生を受けたばかりのクローンの脳に、転送されたおくデータが書き込まれた。

 ──直後、かくせい

「……ハッ!」

 悪夢からの目覚めのように、あきぶるいと同時にまぶたを持ち上げる。まつの先からかわいたにくへんがパラパラと落ちた。

 死と再生を一気にえたことでアドレナリンが全身をめぐり、あらい呼吸をかえす。どうこうが開いているのか視界がチカチカとまぶしかった。

 目の前にあったのは無機質なポッドのゆかと、だらりと下がる自分のりよううで

 鼻をこすると、生体印刷バイオプリント特有の肉のげたにおいがねんまくげきする。

 おくれて下半身の出力も終わると、あきは身体の至る所からびたサポート材をがした。

 手をにぎり、そして開く。健康な肉体そのものだ。

 死の直前までに全身に開いた風穴などどこにもない。

 せんとうふくも下したてのようにれいで、まだ一発も減っていないマガジンの差さるベルトがどっしりと重かった。背中のマウントに収まるアサルトライフル〈MAR−16〉を手に取ると、しゆつと同様のにぶい光を照り返している。

 しかし、それまでにあった激痛の数々はげんつうとなりあきの脳をむしばむ。

 特に直前にかれたけんに激痛が走り、あきは指でさすった。

「い……つぅ。あいつ、今日は特別機嫌が悪いな」

 そして、あきの脳にちやくしたナノマシン〈ニューラルゲート〉が起動し、軍の基幹システム──戦略統合システムUTASに接続する。

 同時に、視界に無数の仮想ウィンドウが合成表示された。戦場の立体図やバイタルサイン、装備している銃火器のざんだんすうそうこうたいきゆうなどが次々に映し出されていく。

 すると、一つの音声が鳴った。

『ARCADIA is Online』

 女性の機械音声がりゆうちように読み上げる。

 アルカディアARCADIA──それは人に死をかいする力を与える全能のシステム。アルカディアに接続してさえいれば、たとえ火の中、水の中どこであろうとも、死と同時にその人のたましいを救い出してくれる──そんな夢のシステムである。

 ただし、それは夢のようでいて、その実は悪夢の類かもしれない。

 なにせ戦場にたおれ再生されたところで、そのつまさきが向かうのもまた戦場なのだから。

 ──てない弱者は戦場ここから消えて。

致死の蒼リーサルブルー》が最後に放った言葉が頭の中でこだまする。

 あきは顔をゆがめた。

 いくら死をかいできるからと言って、その痛みや苦しみまでが消えるわけではない。それは仲間たちやあき自身だけではない。敵側も同じである。そのじんな暴力までも正当化していいのだろうか。そんな疑問が胸の内に黒ずんだ油のようにこびりつく。

 それでもあきは戦わなければならない。戦場に立たなくてはならない。

 なぜならあきは、部隊を率いる小隊長なのだから。

「──クソッ」

 あきするどく息を吸って意識をえると、頭上にがっていたハッチの取手をにぎり、勢いよく下ろす。

「ライガー1、降下準備完了!」

 圧縮された空気がす音とともにハッチが内部でロックされる。そのへいそくかんあきの中にきんちようを生み出した。

 それから両手でしようげきえるための支え棒をにぎるやいなや、そうこうばんの外で輸送機との連結が解除されるじゆうこうな鉄の音がひびいた。

 直後、あきの全身をゆうかんおそう。

 かんはつれずに、ポッド上部のスラスターが作動し、ただのゆうかんにとどまっていた感覚はレッドアウト直前の強力なマイナスGへとへんぼうした。

 体感で何時間にも感じる時を歯を食いしばってえると、今度はスラスターが地上に向けてぎやくふんしやし、決しておだやかではないしようげきとともに着陸した。

『タッチダウン、誤差W1・5/E4。作戦続行可能はんです』

 ぐちゃぐちゃにくるわされた三半規管と足元の感覚を、ぎゅっと目をつぶってもどす。

「……ハッチ、解放」

りようかい

 機械音声が応えるなり、眼前のハッチがばくおんともなって前方に射出された。

 あきは〈MAR−16〉をつかむと、降下ポッドから飛び出す。

 そこはすでに数刻前までいたほこりくさい戦場で、人と金属の悲鳴で作られたカオスが視界いっぱいに広がった。至る所からじゆうせいばくおんが上がって、空から次々に新しい兵士を乗せたポッドが降り注いでいる。

 あきは敵側からの射線を切りながら前進した。

 すると、ほうらくした高層ビルのざんがいの上から見知った顔が二つ現れる。

「アキ、おっそーい! あのめすねことのせんとうに時間かけすぎ! 《致死の蒼リーサルブルー》がれいな顔してるからって、手をいてんじゃないの!?」

おせえぞあき! さっきからがイライラしてて俺らがとばっちりらってンだ!」

 それは黄金のかみ洒落しやれたっぷりにアレンジした少女と、燃えるようなせきはつとくちようてきな男。

 二人の名はあましろと、りようたろう

 どちらもあきの率いる第一小ライガーたいの隊員であり、生まれてからこれまでの十六年間、ともに過ごした友である。

 あきこしのジェットキットをかして、十メートル強あるれきの山をがる。そして上から差し出されたの手をつかみ、一気に登り切った。

 あきいつしゆんの間を置くと、いつものみを顔に張り付ける。

「なんだ、。また糖分取りすぎか?」

は《致死の蒼リーサルブルー》にあき取られてしつしてンだよなー?」

 りようたろうがそう茶化すと、が顔を真っ赤にした。

「ち、ちちち、ちがうし! ちょっとリョウ、適当なこと言わないでよ!」

「やめっ、やめろって、じゆうこうをこっちに向けんじゃねえッ!」

 あきは悲鳴を上げるりようたろうしりたんそくすると、戦場にひびわたじゆうせいに負けじと声を張る。

「それでじようきようは!?」

 はむーっとあきにらんだ末に、言葉の調子を真面目なそれに変えた。

「三四〇の方向から歩兵にめっちゃ押されてる! 第二小隊の複体再生リスポーンが全然間に合ってないっぽい!」

「第二小隊のところには俺がカバーに入る! りようたろうは北側から戦線を押し返してくれ! とにかく隊のみんなにはこわして確実に評点をかせがせるんだ! 対人戦はけさせろ!」

「わかった! アキこそ、今日これ以上《致死の蒼リーサルブルー》とやり合ったらダメだからね! ライガー隊の中で評点一番ヤバイのアキなんだから!」

「やっとこうせいに回れるぜえ!」

 そう言っては二丁のサブマシンガンを、りようたろうはドラムマガジン式のショットガンをそれぞれかかえて、れきの山を飛び下りる。

 その背中を追いながら、あきは眼下に広がる戦場をわたした。

 こくえんげるビル群の合間をうようにして、と小型高機動ミサイルとがもつれ合いながら激しいドッグファイトひろげていく。その下を八メートル級の二足歩行兵器──が、イージス戦車ABTの隊列をばして防衛線にこうせいけていた。

 辺りに満ちるかえるほどの血としようえんにおいが、ここが戦場であることを証明する。

 その戦場の奥に白銀の光を見た。

 彼女だ、とあきはすぐに分かった。その兵士は鋼鉄のはなびらのように展開させたドローン群スウオームあやつって、じゆうげきの雨を受け止めながら戦線をひらいている。

 その時、少女のあおと視線がぶつかった。

「────」

 心音が不規則に脈打つのを感じる。

 あきは目をきつくつぶって自分を落ち着かせる。心の波を消す。そうして胸の内がいでいく。

 次にまぶたを持ち上げた時には、あきの顔は兵士のそれになっていた。

 そして、通信に念じた声を乗せる。

『──ライガー1より統合本部アジテーター。これより戦線に合流する』

『本部りようかい

 通信の声を聞くなり、あきはライフルのチャージングハンドルを引いてしよだんそうてんした。

 ここははいがい都市、れいきよう

 エルメア合衆国とローレリアれんぽうひろげる二国間大戦の最前線。

 いちあきは、そのエルメア陸軍れいきようぜんしよう基地・第一小ライガーたいの隊長だった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • エンド・オブ・アルカディア

    エンド・オブ・アルカディア

    蒼井 祐人/GreeN

  • エンド・オブ・アルカディア 2

    エンド・オブ・アルカディア 2

    蒼井 祐人/GreeN

Close