第一章 いいから俺を採用しろ

4.勇者、おためし採用される

 試用期間という制度がある。

 もとは港町ラベルタの商人ギルドが考案したもので、新しい職員を本格採用する前に一月から数ヶ月間ほどの期間、仮採用を行う制度だ。

 これのいところは、雇う側と雇われる側の双方にメリットがあるところだ。

 雇う側は、相手が使えるやつなのかどうかを見極めることができる。雇われる側は、実際に働いてみなければ分からない職場の雰囲気や文化を肌で味わうことができる。

 実際のところ、世の中には『やってみないと分からないこと』が非常に多い。

 戦いと同じだ。一の実戦は一〇〇の座学に勝ると言われるように、相手の人となりを把握するには肩を並べて戦ってみるのが一番手っ取り早い。

 お互いに相性を見極めるためのおためし期間。それが試用期間であり、試験採用だ。


    ----


「……はあ。いいでしょう」

 ふう、と長いため息をついた後、魔将軍シュティーナが口を開いた。人差し指を唇にあて、しばし思案した後、しぶしぶといった体で言葉を続ける。

「世界を救ったにもかかわらず、人間たちに裏切られた哀れな勇者よ。仕えるべき相手、守るべき相手を見誤った悲しき男よ──貴方あなたの志望動機にうそ偽りはない。そう信じます」

「ありがとう。魔将軍シュティーナ」

 本心でお礼を言った。

 先程も言った通り、聖都の王をはじめとする権力者たちは俺に刺客を差し向けてきた。正直、刺客だけならいいのだ。エキドナや四天王クラスならともかく、そこらへんの有象無象がお徳用パックみたいに群れをなして襲ってきたところで、俺が後れを取ることはまずない。殺さない程度に撃退するのも容易たやすい。問題なのは風評被害の方だ。

 郵便、伝書がらす、《使い魔ファーミリア》をはじめとする伝令魔術、張り紙、演説、その他もろもろ。権力者どもはありとあらゆる手段を用いて俺が危険人物であることをせいの皆様に呼びかけた。刺客もだんだんと趣向を変え、『俺を殺す』ことから『俺に攻撃された』ところを一般市民に見せつけることを主眼とするようになってきた。

 こうなると流石さすがの俺でも手詰まりだ。そのうち泊まる宿にも事欠くようになり、木のウロやら馬小屋の隅やらにひっそりと身をひそめて眠る日々を送ることになってしまった。

 その点、魔王軍はいい! 少なくとも最低限の食い物は出してくれるようだし、屋根のあるところで寝られるし、連日のように俺を殺しにやってくる刺客をあしらう必要もない。

 まあ、俺に恨みを持つ旧魔王軍の生き残りが命を狙ってくるかもしれない。いや、『かもしれない』じゃないな。俺に恨みを持ってる奴は多いだろうから、むしろそうならない方がおかしいのだが──その時はその時だ。なんとか平和的な解決法を模索するとしよう。

 シュティーナも同じねんを抱いていたのか、しつこく念を押してきた。

「いいですか? まず、あなたが魔王軍入りしたことはエキドナ様には内緒です。万が一にもバレないよう、魔術なり魔道具マジックアイテムなりで正体をしっかり隠すように。あなたに恨みがある者も少しは残ってるんですから、見つかったら大事になりますよ」

「少し、か」

「……少しですね」

 本当に少ししか残っていないのだろうな、と思った。

 なにせ今の魔王軍は──主に俺が暴れまわったせいで──ガタガタだ。人員は歯抜けで、田舎の国境警備隊みたいな規模にまで落ち込んでおり、組織としてはまるで機能していない。人員の増強が目下の最優先課題と言えるだろう。

 ことわっておくが、別に俺は魔王軍兵士をかたっぱしからブチ殺していったわけではない。《天魔炎獄球クリムゾンコメート》のような大量破壊呪文を使ったのは、それこそ魔王や四天王クラスを相手取った時くらいだ。

 なにせ相手は、無駄な殺しを極力控えて侵略を進めていったエキドナ軍だ。虐殺は虐殺を呼び、えんこんは更なる怨恨を呼ぶ──魔王軍が平和的に動いているなら、こちらも平和的に動くしかなかったという、それだけの話だ。町を占拠している兵士どもに《誘惑術》を使って部隊の内部崩壊を狙ったり、《虚脱呪》で体調を悪化させたところをふんじばってろうたたき込んだり、余計な禍根を残さないよう色々と工夫してきた。


 それでも、避けられない戦闘というのはどうしても出てくる。とりわけ全ての四天王を倒し、ここ魔王城へエキドナを討ち取りに行こうとした際は多くの兵士達が立ちふさがった。流石の俺も手加減などしていられなかったから、あそこで命を落としたやつもいた。

 結果として、俺に恨みを抱いている奴は『死んだ』か『重傷で魔界に帰った』が大半を占めることになる。エキドナのようにとことんタフな奴を除けば、あとは酒場のけんレベルの恨みしか持たない奴しか残っていないだろう。

「俺も面倒事はごめんだ。正体がバレないよう気をつけるよ」

「分かっているなら構いません。というか、ただでさえ私は仕事で忙しいのです。これ以上無駄なトラブルはごめんですからね」

 シュティーナの目に多少のあんが浮かんだ。仕事で忙しい、か。毎日のように採用面接を開いていれば、そりゃあ忙しくもなるだろうな。

 ──そう、仕事だ。採用面接をはじめとする仕事はエキドナと四天王がやるのだろうし、兵力増強が済むまで人間界へちょっかいを出すことはないはずだ。当然、俺がやるべき仕事もそんなに多くはないだろう。

 食べて、寝て、ダラダラできる。魔王軍は俺にとって理想の職場になりそうだった。

「あと、これはあくまで一ヶ月間のお試し採用です! このシュティーナが監督役となって、あなたの仕事ぶりをチェックします。試用期間のうちにしかるべき成果を出してもらいますからね!」

 ──訂正する。

 理想の職場になるはずだった。流石にダラダラ遊んで暮らすのは無理か。

 俺の顔色が僅かに変わったのを見逃さなかったのか、シュティーナがツカツカと歩み寄ってきた。つえの先端で俺の足を小突き、じとっとした目で俺をにらむ。

「まさかあなた、しばらくは遊んで暮らせそうだーとか、食べて寝てダラダラできるぞーとか、そんなふざけたことを考えていたのではないでしょうね」

「まさか! とんでもない!」

「……はあ」

 あわてて両手を振って否定する。深いめ息をつき、シュティーナは俺に言い聞かせるような口調になった。

「いいですか勇者レオ。これはあなたのためでもあるのですよ」

「俺の?」

「ええ。この試用期間で成果を出せたなら、お試し採用なんてケチくさいことは言いません。私たち四天王が、エキドナ様へあなたの正式採用を進言してあげます」

「なるほどな。逆に、成果が出せなかった場合は?」

「追い出します」

 ぴしゃりと言われてしまった。

 そりゃそうだ。ただでさえ財政がひっぱくしている状況でごくつぶしを雇っておく理由など無い。しごくまっとうな理屈だった。



「わかってるよ、仕事はする。追い出されて野宿生活に戻るのはゴメンだからな。まずは魔王軍を立て直すのが急務だ。そうだろ?」

「ええ。兵力の増強、城の修復、武具の調達が第一。そこから経費削減と福利厚生の充実とカウンセリングと……軍団の再編成って大変なんですよ。ほんとに」

 まあそうだろうな。だって再起不能直前まで追い込んだの、俺だし……。

 を癒やすため魔界へ帰ったやつ、まだ人間たちに捕まってる奴、戦うのが嫌で逃げ出した奴。理由はどうあれ、一度去っていった者を再び軍団へ呼び戻すのは極めて難しい。一文無しから大富豪になるのが困難であるように、ゼロに近い状態からふたたび大軍団を結成するのは、それこそ茨の道どころではない険しさだろうと思えた。

 そんなだから、むしろ俺はエキドナに聞いてみたかったのだ。

『なんでここまで追い込まれても人間界から撤退しないのですか?』

『なんか理由があるんですか?』

 と。人間界に居場所が無くなったのは事実だが、俺が今回魔王軍へ入ろうと思った一番の理由は、正直言うとこれ──『エキドナと話してみたい』だった。

 残念なことに今回の面接ではエキドナと話すどころではなかったが、正規採用された暁には色々とチャンスもあるだろう。一度じっくり話をしてみたいものだ。

「他にも魔力炉のメンテナンスとか新兵の教育とか……ちょっとレオ。聞いてますか?」

「おっと。聞いてる聞いてる」

「シュティーナだけじゃないよー! あたしもね、あたしもね、大変なの!」

 先程からずっと話し続けていたシュティーナが口をとがらせると、リリも思うところがあったのか、バネじかけの人形のように椅子からぴょんと飛び起き、尻尾をぶんぶんと振りながら自分の仕事の大変さをアピールしてくる。

「最近ね、ヘイ……ヘイタン? を任されたけど、大変なの! 仕事、いーっぱいあるんだよ!」

「正気か」

 思わず本音が口をついて出た。

 上司──エキドナ──の正気を疑う。このバカがへいたん担当……? エキドナのやつ、ストレスでとうとう頭がどうにかなってしまったんだろうか? 心配だ。すごく心配だ。

 他の四天王の方に目を向けると、シュティーナとエドヴァルトが気まずげに顔を背けた。メルネスは我関せずといった風で卓上の籠に入っていたリンゴの皮をいている。

 ……無理もない。エドヴァルトのおっさんは武闘派だから、コボルトやオークといった肉体派の兵士を鍛えて一人前の戦力にするのが主な役割なのだろう。

 採用面接に来た奴の中には、少数ながら竜族──つまり、人語を解する大型竜ウィルム飛竜ワイバーン──も混ざっていた。あいつらはシャレにならないくらいプライドが高いから、上に立てるのは竜人族のエドヴァルトだけのはず。それだけで十分に手一杯なはずだ。

 シュティーナはその反対。淫魔をはじめとする魔族はもちろん、妖精族ピクシーや幻想種といった魔力の高い亜人・魔獣を束ねた魔術兵団を指揮しているはずだ。他にも、人事や経理といった頭をつかう仕事はだいたいこいつがやっていると見た。貴重なインテリだしな。

 遠目には分からないが、よく見ればシュティーナの目の下には濃いクマができているし、顔色も悪い。本来もう少し艶があったはずの金髪はくすんでおり、手入れも満足に出来てない様子が見受けられた。もしかするとこいつ、過労死寸前なんじゃないか……かわいそうに。

 メルネスは──見ての通りコミュニケーション能力に問題があるので、兵站のように細かな手配や交渉が必要な仕事には根本的に向いていない。気配遮断にけた幽霊族や、ゴブリンのように手先の器用な獣人を統率して、偵察・斥候・工作部隊を率いているはずだ。

 このように、リリ以外の三人にはそれぞれ役割がある。そしてもちろん、兵士達の生活基盤を支える食糧やら何やらはちゃんと確保しなければならない。

 軍隊で一番重要なもの。それが兵站だ。

「で、リリ。お前に白羽の矢が立ったわけか……」

「そーゆーことです!」

 俺のつぶやきに含まれた重みも理解しないまま、リリが大きくうなずいた。

 何をやっているか分からない魔王エキドナを除けば、手の空いている最上級幹部はリリしかいない。この能天気娘に兵站部門を任せるしかないわけだ。軍の生命線を。

 あまりにもひどい話である。シュティーナの文句を聞くまでもなく、今の魔王軍が深刻な人手不足に悩まされているのがよく分かり、しみじみと口にする。

「いやー……予想以上に大変だなあ、これ」

「あ! な! た! の! せいです!」

「──あっぶね!」

 シュティーナが無詠唱で飛ばしてきた《火炎球ファイアーボール》を、こちらも無詠唱の《無淵黒霧ヴォイドミスト》で受け止め、丁寧に包み込み、跡形もなく消滅させる。

 発動が楽な《風盾ウィンドシールド》をチョイスしなかったことを褒めて貰いたい。考えなしに《風盾ウィンドシールド》で弾いたが最後、《火炎球ファイアーボール》は壁か天井にぶつかって大爆発を起こし、この貴賓室はしばらく──いや、下手をすると永久に──使用不可能となっていただろう。

 おわかりだろうか? 今の一瞬でそういう気遣いまで出来るのが、この俺、レオ・デモンハートという天才勇者なわけだ。そんな有能人材が魔王軍への入団希望を出しているのだから、シュティーナはもう少し敬意を表してほしい! そして、そう思ってもけっして口には出さない俺の奥ゆかしさを見習ってほしい!

「まあ落ち着け魔将軍。レオ殿が仲間になってくれるなら、これほど心強いことはなかろう? 常日頃から人手が足りん足りんとこぼしていたのは、他ならぬお前ではないか」

「う……それは、そうですが……」

 エドヴァルトになにか言い返そうとするシュティーナに向け、リリが両手でバッテンを作って抗議する。それでもまだ何か言いたげな風ではあったが、

「……くっ。わかりました。私は冷静です。冷静ですとも、ええ」

 不承不承黙り込む。それ以上蒸し返すつもりは無いようだった。

 シュティーナが静かになった後、丸太のように太いエドヴァルトの腕が俺の肩に置かれた。

 にっかりと笑うエドヴァルト。よかった、どうやらこいつの信頼は勝ち取れたらしい!

「ともかく、かつての遺恨は忘れるとしよう。よろしく頼むぞ、レオ殿!」

「よろしくねー!」

「おう、よろしくなエドヴァルト。リリも」

 腰にしがみついてくるリリの頭をでてやりながら、ちらとテーブルの隅に目をやる。

 良くも悪くもオープンな感情をぶつけてくれる魔将軍シュティーナ。

 これまでの経緯もあって友好的な竜将軍エドヴァルトと獣将軍リリ。

 そんな中で、一人だけこの輪に加わらず、終始だんまりを決め込んでいる奴が居る。

「……」

 それが無影将軍メルネスだった。志望動機を話し終わってからこっち、無言でリンゴをかじってじっと俺の方を見ているだけで、歓迎してくれているのかどうかまるで判別がつかない。

 ──まさか、俺の境遇に同情して言葉を無くしているとか?

 いやいや、そんなわけはない。頭を振り、馬鹿馬鹿しい考えを否定する。

 こいつは暗殺者アサシンだ。言ってみれば、数秒前まで談笑していた相手の首を笑顔のままでっ切って殺せる人種だ。しかもメルネスはその中でも頂点に立つ、暗殺者アサシンギルドの若き頭首ギルドマスターである──そんな奴に、他人に同情する心が残っているだろうか。断じて否だ。人間らしい心を持ったままで、暗殺者アサシンなんぞ務まるわけがない。

 ギルドマスターにのみ代々受け継がれると言われる、姿隠しの加護が込められた紫色のフード。その下の顔はとことん無表情で、かつての敵である俺の加入に際してすら、特に何の感想も抱いてないように見えた。冗談交じりで手を振ってみる。

「やあメルネスくん。元気?」

「……」

 銀髪の隙間から翠玉エメラルドを思わせる薄緑色の目がのぞいた。返答は無い。

「元気みたいだな。これからヨロシク」

「……」

 見事に無視されてしまった……いや、無視ではないな。だんまりを決め込んでいるように見えるが、目だけはじっと俺の方を向いている。

 まあ、万一こいつが『レオくんよろしくね! 一緒に頑張ろう!』なんて言ってきたらそれはそれで気持ち悪いし、そういう意味では無言でも構わないのだが。構わないのだ、が。

 これから同僚になるのだし、何か一言くらいしゃべってほしいというのが本音ではあった。


    ----


 ──魔王エキドナに不採用をたたきつけられてから数時間後。

 こうして二次面接は終わり、元勇者レオ・デモンハートは魔王軍に仮採用された。

「ふう……」

 魔王城の一角、あてがわれた個室で一息つく。

 ボロいベッドに横たわって目を閉じ、明日からの仕事を思い浮かべる。

 やることは多い。深刻な人手不足の解消。組織運用ノウハウの蓄積。一般兵の教育。同僚四天王とのコミュニケーション。正式採用に向けた実績作り。上司エキドナとの和解。

 人間達とのいざこざも起きるかもしれない。なにせ連日のように採用面接を開いているのだ、どうしても魔獣や人の移動経路は目立ってしまうだろう。魔王軍が再起を図っているということが人間界の権力者どもに伝われば、新たな火種になることは想像にかたくない。その火種が燃え広がらないうちに素早く解決すれば、エキドナも俺のことを見直してくれるかもしれん。

「……見ていろよエキドナ。必ず入ってみせるからな、魔王軍」

 新しい職場で俺がやるべき仕事は、どうも山積みのようだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 勇者、辞めます~次の職場は魔王城~

    勇者、辞めます~次の職場は魔王城~

    クオンタム/天野英

  • 勇者、辞めます~次の職場は魔王城~ 2

    勇者、辞めます~次の職場は魔王城~ 2

    クオンタム/天野英

  • 勇者、辞めます~次の職場は魔王城~ 3

    勇者、辞めます~次の職場は魔王城~ 3

    クオンタム/天野英

Close