プロローグ「地上最強の鉱夫」

 アランのスコップの先っちょから最初にビームが出たのは、鉱山を掘り始めてからちょうど一○○年目のことだった。

「なんと。スコップには、このような力が秘められていたのか」

 ただ土を掘るだけの道具ではなかったのだ。

 実は、破壊光線を発射できたのだ。

「試してみるか」

 とりあえずそのへんの適当な岩にビームを撃ってみた。ズガン。青いせんこうがほとばしり一○センチほどの深さの穴ができた。うわさに聞く魔法《エネルギー・ボルト》と似た軌道だった。《スコッパー・ボルト》と名付けた。

「だが、宝石掘りの役には立たんな、これは」

 そんなわけでアランはまた宝石鉱山の採掘作業に戻った。

 ビームのことはすぐ忘れた。


 ──アランはこの国で唯一の《宝石鉱夫》である。

 強力な魔法の道具《アーティファクト》の原材料である宝石を掘る職業だ。父から受け継いだ鉱山は国の辺境にあり、めったに人は訪れない。数年に一度、王都に降りては魔術師ギルドに宝石を売り、生活雑貨を買い求める。

 王都の者からは《宝石掘りのおきな》と呼ばれているらしい。

 アランはそんな生活が気に入っていた。宝石を掘るのは楽しいからだ。

 ただ一つだけ問題があるとすれば。

「……後継者を探さねばならんな」

 ドワーフの血が入っているらしく長命な家系だが、寿命は約一五○歳。そしてアランは一二○歳だ。体力も衰えてくる。衰えを感じたら──例えば鉱山の険しい三千階段の登り降りがつらくなってきたら、後継者をスカウトしよう。そう決意した。

 そして数百年の時が過ぎた。

「ふむ」

 寿命の倍以上もっていたが、アランはふつうに生きていた。

「なぜに」

 ぜんぜん老化しない。

 どころか肉体はどんどん屈強になっている。

 鉱山の階段は、今やうさぎとびで一万回往復しても息切れ一つしない。

『《宝石掘りの翁》さま、去年よりお若く見えますね。ご健勝なによりです』

 宝石を売りに行った先でそんなことを言われた。

 どう考えてもおかしい。

 そこでふと、ビームを出したときのことを思い出した。

 老いを感じなくなったのは、あのときからだ。

 アランはもう一度ビームを撃ってみた。

 ドシュオオオウウウウウズガァァアン!

 直径一メートルの極太ビームが岩を消滅させた。

「おお。なんと」

 その威力にしばし驚いたアランは、やがてひらめいた。

「これがあれば──もっと宝石を掘れるぞ!」

 アランは根っからの宝石鉱夫であった。

 地底に進めば高品質な宝石が埋まっているが、地盤も固くなる。そこへ岩を溶かす極太ビームだ。これがあれば更に鉱山を広げられる。アランはそう考えたのだ。なお寿命の件は既に忘れていた。

 そうしてアランは鉱夫生活に戻った。

 ひたすら掘った。

 ビームは太くなるばかりだった。

 鉱山を地下三○層まで広げたあたりで、ビームを曲げられるようになった。一〇〇層でビーム拡散による岩の《同時掘り》ができた。二五六層でビームバリアを張れるようになった。落盤を防ぐ役に立った。

 深く、深く、なお深く掘った。

 すると溶岩が見えた。そして黒き宮殿。門を悪魔が守っている。

 地下一○○○層に及ぶあまりに深い鉱山が、ついに地獄につながったのだ。

 アランは驚きで叫んだ。

「この宮殿──見たこともない宝石で造られているぞ!」

 どうしようもない宝石鉱夫であった。

 夢中で地獄の宝石を掘った。悪魔に襲われた。ビームで撃退した。ドラゴンが出た。ビームで撃退した。三○○体のデーモンと三○体のエンシェント・ドラゴンを地獄の帝王が率いて戦争を挑んできた。後に伝説にうたわれる《宝石戦争》である。

 死闘の末にビームで撃退した。

 アランはあらゆる困難をビームで撃退し、数百年間、地獄で宝石を掘り続けた。


 ──そして。

 一○○○年目に、地上で事件が、起きた。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ

    スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ

    つちせ八十八/憂姫 はぐれ

  • スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ 2

    スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ 2

    つちせ八十八/憂姫 はぐれ

  • スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ 4

    スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ 4

    つちせ八十八/憂姫 はぐれ

Close