プロローグ その1

「皆様、本日もご清聴ありがとうございました。次もまた淡雪の降る頃にお会いしましょう」

:乙

:今日も楽しかったよー!

:淡雪が降る頃って言っても、最近毎日配信やってるよな。頻度しゅごい……

:毎日淡雪降ってるんだろ、察しろ

:淡雪が毎日は優しい異常気象

 流れるコメントが一通り止まったところで配信を切る。

「ん?」

 どうやらPCの調子が悪く若干固まってしまったようだ。

「もう……」

 カチャカチャとクリックを繰り返してみるが、どうも反応しない。

 PCにはあまり強くないのでこういう時の正しい対処法が分からない。

「お」

 なんかよく分からんがとりあえず配信画面は閉じられたようだ、よかったよかった。

「はぁ」

 ため息と共に席を立ち、一人暮らしのアパートの中を歩き冷蔵庫へと向かう。

 それと共に完全に頭の中がこころあわゆきから二十歳無職の一般女性、なかゆきへと切り替わる。

 ……そう無職だ。大学生でもないしバイトもしていない生粋のNEET。

 ……そんな白い目で見ないでください、ちゃんとした理由があるんです。

 高卒で入社した会社がまさかの純度100%のブラックで毎日ぼろ雑巾のように酷使される日々、死んだ目で毎日を過ごしていた社会人生活だった。

 そんな中、唯一心の支えだったのが、最近になって一気に勢力を増し、今では国内トップクラスのVTuber運営会社となった『ライブオン』の華やかなVTuber達だった。

 一人ひとりが色の濃すぎる世界を展開するそのカオスな世界に私は一瞬で魅了され、ただでさえ少ない自分の時間を削ってでも日々視聴を続け、次第に生きる希望といっていいほどのめりこんでいった。

 そんな精神をすり減らしながらなんとか安い給料で生きつないでいた私だったが、働きすぎではやダークホールのようになった私の光なき目に一点の光をともすニュースが舞い降りてきた。


《ライブオン 三期生ライバー大募集!!》


 正直無理だと思った。

 実際緊張しすぎて面接のとき何をしゃべったのかいまだに思い出せない。

 だがこれも神のいたずらか、なぜか本当に受かってしまった。

 新たに与えられたのは心音淡雪というもう一人の私。

 女性としてはなかなかの長身に背中まであるストレートの黒髪、真っ白な肌、そして奥に得体のしれない『なにか』を感じるハイライトの薄い紫の目。更にこの美麗かつミステリアスなビジュアルをきわたせるのは、身を包んでいる白と青が違和感なく調和した高貴なドレス衣装。

 担当のマネージャーさんからは田中さん本人をモデルにしてイラストレーターさんに書いていただきましたと言われた。とても私はこんな美人ではないと思うのだが……。

 ちなみに勤めていた会社は三期生に合格してすぐやめた。

 流石さすがに早計じゃないかお前と言いたくなる人もいるだろうが、VTuber活動は忙しいからね、仕方ないね。

 ……うそです。ごめんなさい。これ以上あのブラック環境で働くのはクソメンタルの私には無理でした……。

 でもこれからはVTuberとして配信いっぱいして人気も出てやがては収益化でうはうはだヒャッハー!!

 そんな欲丸出しの夢物語が実現できると思っていた時期が私にもありました。

 はっきり言うが人気が出ない。まじで出ない。収益化以前の問題である。

 もうデビューから3ヶ月程ったが、同じ時期にデビューしたライバー達と比較してもチャンネルの登録者数や配信に来てくれる人は半分以下だ。というか時間が経つにつれ離されてきている。

 先ほどNEETといったが、企業VTuberじゃNEETじゃなくねと思った人もいるだろう。

 だが否、ライブオンはライバーがもらうスパチャの取り分は多いが固定給などはない。つまり今の私はまじで収入が何一つないのだ。今は何とか会社勤め時代に貧乏癖でめていた資金を崩しながら生活している。

「やっぱりパンチが足りないのかなぁ……」

 マネージャーさんからは雪さんはもっと素の自分を出していいんですよ! とよく言われるが一体私に何を求めているのだろうか?

 というか素を出していいってどういうこと? 私の素をなんで知ってるの? まさか面接のとき私なにかやらかしてる?

 色々と考えていたら頭が痛くなってきた。そろそろ貯金も底が見えてきたしで精神的にもきっつい。

 そんな追い詰められた私をやしてくれるものが実はVTuberの他にもう一つ、この《冷蔵庫》に隠されている。

「もうこれがないと生きていけない体になってしまった……」

 この酔うことだけを徹底的に追い求めた魔の飲料……これを飲めばその瞬間は疲れを忘れられる…………。

 そう、スト〇ングゼロだ!

「ぷはぁー!!」

 配信をしていたデスク前に戻り、きんっきんに冷えたストゼロを体に流し込む。

 あぁ、なんかもうおいしいのかどうかも分からなくなってきたけどこれがないと一日を終わらすことができないところまできてしまった……。

 もともとそこまでお酒に強くないのもあってすぐに酔いが回ってくる。

 安いうえにすぐ酔えるなんてストゼロは最高やで!

 あー、いいね、なんか気分良くなってきた。

 この内なるパワーが解放されていく感じ、たまらない。

「まじたまらないわ。この一本のためなら地下帝国建設の為に法外な賃金で働かされてもいい。カ〇ジくんはビール飲んでたけどストゼロはないんかな?」

 IQ3レベルの独り言を言い始めた私に、最早普段お嬢様口調でしゃべる淡雪の面影はどこにもない。

 そのままノンストップで飲み続け、あっという間になくなる350ml缶。

 だがこの程度では満足できない体になってしまっているのが今の私だ。

 手をかけるは冷蔵庫から一緒に持ってきていたもう一缶。

 しかも……。

「うひゃー! やっぱロング缶のなる音は最高だぜぇ!!」

 そう、酒に飢えたものが手を出す悪魔的発想、ロング缶だ。

 またごくごくと派手に喉を鳴らす雪。悲しいけどこの女、普段お嬢様口調で話すせい系VTuberなのよね。

「よっしゃ! 同期の配信みるどー!」

 ほどなくしていい気分になったので、同期のライバー『まつりひかり』ちゃんの今日の配信がアーカイブで残っていたので見始める。

 光ちゃんは実際会ったことはまだないが、こんな配信でうまく目立つことのできない私にもデビュー当初から優しくしてくれるマジいい子、天使、しゅき。

 かなり小柄で見ているこちらまでつられて笑ってしまいそうになる満開の笑顔が特徴なアバターを持つ、活力あふれる十六歳。そして何より見た目とマッチした明るさ爆発の配信内容はさながら名前の通り祭りのよう……。

 コメントもよく拾い、けなげにVTuber活動に取り組む姿が好評を得て、今では三期生の中心的存在になっている。

 何回かコラボしたこともあるのだが、もう何というか、純粋を体現したような子でマジで母親になりそうになる(真顔)。

「わたしがママになるんだよ!」

 これも癖なんだがどうも私は酔うと独り言が多くなるらしい。というか頭に思い浮かんだ言葉が脳内のすべてのフィルターを無視して口から出る。

 元々人見知りだから誰かとお酒を飲むなんて滅多にない為、問題になったことはないとはいえ危険だ。

 まぁそれでもストゼロやめられないんだけど! でもストゼロやめられないんだけどまじで!

「ぎゃははははははは!!」

 配信を見ながら品のかけらもない爆笑を続ける私。

 配信内容はゲーム実況で、プレイしているゲームは性剣ウィンナー伝説レジェンド。フォークに刺さったウィンナーとウィンナーがぶつかり合いながら対戦するという最早製作者の狂気を感じるゲームだ。

 というかゲーム内容がゲーム内容なのでプレイヤー名に下ネタが多い。

まんじしゃは草ですわwwwwwwwwもうウィンナー関係ないやんwwwwwww」

 完全に頭がハイになっている今の私にはどんな低俗なネタであっても面白いものは面白い。

 あぁ、しかもこの配信のやばいところは配信者の光ちゃんがそういう下ネタの知識に乏しすぎて明らかに分かるネタ以外はそのまま口に出して読んでしまうことが多いところだ。

 完全に紳士ホイホイ。

「は? どちゃしこなんだが? 光ちゃんのママ貴方あなたの配信見てどちゃしこなんだが?」

 そんなこんなでずっと爆笑続きで光ちゃんの配信が終わった。やっぱ光ちゃんの配信は最高やな!

 すごいなぁやっぱ光ちゃん。人気が出るのも分かる、出ない理由がない。

 それに比べて私は……。

「……時間も時間だしちゃみちゃんの配信でも見て寝よ」

 午前2時を回って現実を痛感して悲しくなったので、もう一人の同期ライバー『やながせちゃみ』のアーカイブを見る。

 ちゃみちゃんは他のライバーさんと少し方向性が違って、普段は様々なasmr配信をメインにしている。

 非常にわがままなボディーの金髪ショートへきがんお姉さんがするasmrはいいぞ。

 気持ち低めの作っている感が薄い声がものすごく眠気をてる為、睡眠用としては右に出るライバーはいないだろう。

 今日は耳かき配信のようだ。酔いもあって爆睡間違いなしだろう。

「ああやば、この配信の中毒性はストゼロといい勝負やで」

 すぐに激しい睡魔がやってきて、私はあっという間に熟睡してしまう。

「ぐぅ…………………………」

 けたたましく鳴り続けるスマホには一切気が付かないまま…………。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 1

    VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 1

    七斗 七/塩かずのこ

  • VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 2

    VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 2

    七斗 七/塩かずのこ

Close