第一章 幼年期

プロローグ

「目の前にがけがある。踏み出して地面にたたきつけられるか、

     その場にとどまってせいを浴びせ続けるかは君の自由だ」


── I do not want to work, whatever it may be said by whom.




著:ルーデウス・グレイラット

訳:ジーン・RF・マゴット

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 無職転生 異世界行ったら本気だす 1

    無職転生 異世界行ったら本気だす 1

    理不尽な孫の手/シロタカ

  • 無職転生 異世界行ったら本気だす 2

    無職転生 異世界行ったら本気だす 2

    理不尽な孫の手/シロタカ

  • 無職転生 異世界行ったら本気だす 25

    無職転生 異世界行ったら本気だす 25

    理不尽な孫の手/シロタカ

Close